【南相馬市】世界一?のパワースポットとも言われる奇跡のお寺「円明院」とは

2021.01.26
南相馬市 #パワースポット#円明院#南相馬市#奇跡のお寺#寺#寺社仏閣

有名雑誌にも取り上げられ「奇跡のお寺」と称されるパワースポットが南相馬市にあります。それが円明院です。福島県で唯一、開運、金運、恋愛運、健康運、浄化すべての項目にご利益があると紹介される円明院とはどんなお寺なのかご紹介します。

 

海岸からわずか500mの場所で津波の被害を免れる

「円明院」は明治5年(1872年)、明治維新後の法令である太政官布告で修験宗が廃止されるまで山鹿県の羽黒山を本山とする羽黒派修験に属していましたが、廃止後比叡山延暦寺の天台宗派に改宗。現在に至ります。地元では漁師から船の安全、大漁祈願などを叶えるお寺として信仰されてきました。なお、昭和17年5月1日、飛び火による火災から円明院の本堂が全焼。戦争中で材料不足だった事から、奥の院の毘沙門天にお願いし、奥の院を解体して本堂の一部として使用する事になりました。復興した本堂で現在、御法要・御祭事が執り行われているそうです。

こちらのお寺では健康祈願、当選祈願、良縁祈願、商売繁盛祈願、大浄化祈願という5つの祈願が出来るということで、全国からその評判を聞きつけた方が参拝に訪れます。

「奇跡のお寺」と呼ばれる所以は、東日本大震災のためお寺の周辺は津波によって甚大な被害を受け、大半が荒地になりましたが、海岸からわずか500mの場所にあるにもかかわらず、津波は不思議な事にお寺の玄関付近で止まり、寺には津波被害が全くなかったそうです。このエピソードから「奇跡のお寺」と呼ばれるようになったそうです。

 

初めて参拝する方は土曜か日曜日の泉住職の講話をうける必要あり

なお、円明院を初めて参拝する際は、土曜日か日曜日のみ昼12時からの始まる泉住職の講話を必ず受ける必要があります。住職よりお祈りの仕方、円明院の事、運気好転の出来る生き方の話を聞きます。受付は当日の朝9時頃から始まり、11時半までには終える必要があるのでご注意ください。

まず参拝の順番ですが「円明院」では、大浄化塔→受付・本堂→奥の院といいう順となります。本堂にある浄財を納める封筒に所定事項を記入し、運気好転参拝浄財として1,000円、その他に願い事がある人は2,000円からの浄財を入れて提出します。

初めての人は泉住職の講話後、住職の案内で奥の院へ参拝。奥の院までは山道をおよそ歩き、山門をくぐり、過去坂、現在坂、未来坂を歩きます。奥の院に到着後、約1時間ほど自由に過ごすというのが大まかな流れとなります。なお、2回目以降の参拝者は、曜日時間を問わず参拝出来る時間内にて、本堂参拝後そのまま奥の院へ向かう事が出来ます。

寺院のご利益はもちろん、周辺の自然環境が豊かで散策スポットとしても魅力があるのが円明院の魅力。自然に囲まれたなかに身を置くだけでもできっと心あらわれるはずです。

 

まとめ 「円明院」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

東日本大震災の津波の被害を逃れ、今では全国から参拝に訪れる円明院。波瀾万丈の人生を歩んだ泉住職の講話も面白いと評判ですので、ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

営業時間:拝観は日の出から日没まで※例外、初日の出参拝(無休)
住所:福島県南相馬市原町区小浜字丸山18-1
アクセス:原町駅よりタクシーで約15分
常磐道浪江IC及び相馬ICより国道6号線で30分から60分

 

まとめ

・東日本大震災の津波の被害を逃れ「奇跡のお寺」と称され、全国から参拝客が訪れる
・福島県で唯一、開運、金運、恋愛運、健康運、浄化すべての項目にご利益がある

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部