【福島県】郡山市民のソウルフード!?クリームボックスについてご紹介

2021.01.26
文化 #クリームボックス#ソウルフード#ロミオ#三万石#名産・グルメ#大友パン店#郡山市

福島県外の人にとっては聞き慣れない食べ物「クリームボックス」。郡山市発祥の菓子パンで、市内のパン屋には十中八九この「クリームボックス」が並んでいるのだとか。そんな郡山市民のソウルフード「クリームボックス」の魅力に迫ります。

 

クリームボックスって?クリームボックスの起源

クリームボックスとは手のひらサイズの厚切りの食パンにミルク風味のクリームをたっぷり塗ったシンプルなご当地菓子パンで、ふんわりと耳まで柔らかな食パンと程よい甘さのミルキーなクリームの相性が抜群な、一口目からおいしさがダイレクトに伝わる人気の逸品です。

そんなクリームボックスは昭和51年、郡山市内のパン屋「ロミオ」で生まれたとされており、起源には諸説ありますが、お客さんに美味しい!と喜んでもらえるようなパンの試作を繰り返すうちに誕生、商品化すると若い女性の間でたちまち人気となり、郡山市内の他のパン屋に伝播して行った結果、現在のようなご当地菓子パンとして定着したのだそう。

そうして広まっていったクリームボックスは市内のパン屋のみならず、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、学校の売店でも販売されるなど、市民の生活に浸透した様はまさに郡山市民のソウルフードと呼ぶにふさわしい人気ぶりです。また価格も100円台であることが多く、その手頃さも人気の秘訣かもしれません。

近年ではオールドスタイルの真っ白なクリームボックスだけでなく、チョコレートやメープル、紅茶、季節限定の果物など、多彩なフレーバーのクリームボックスが市内の様々なパン屋で販売されており、旅のついでの食べ比べも楽しい一品になっています。

 

クリームボックスの名店&お土産スポット

郡山市民のパワーの源!クリームボックスの人気店!

郡山の観光のお供に、お土産に、クリームボックスはいかがですか?ここでは市民に愛されるクリームボックスの名店を一挙ご紹介します!

 

【ロミオ】元祖クリームボックス!市民に愛されるやさしい味

昭和49年に郡山駅前にオープンしたロミオは現在イトーヨーカドー郡山店内に場所を移し、昔ながらのクリームボックスを販売しています。さすがクリームボックスの生みの親、お昼時となれば店内はクリームボックスを求めるお客さんで混雑する人気店。最もベーシックなクリームボックスなので絶対に食べてみたいですよね!

 

店名  :ベーカリーロミオ イトーヨーカドー郡山店
住所  :郡山市西の内2-11-40 イトーヨーカドー郡山店 1F
営業時間:10:00〜21:00
定休日 :イトーヨーカドーに準ずる

 

【フォンデュ】市内でも珍しい丸いクリームボックス

変わり種のクリームボックスが楽しめるお店「フォンデュ」。こちらではふんわりと柔らかな丸太ブレッドを使用しており、また、プレーン以外にもフレーバーが多彩に用意されていることが特徴です。プレーンのクリームボックスやチョコクリームをのせたチョコボックス、福島県産の桃を乗せた桃ボックスなど、ここでしか味わえないクリームボックス揃いです。

 

店名  :フォンデュ
住所  :郡山市八山田西5-234
営業時間:火〜金 8:30〜18:30 土.日.祝 7:30〜18:30
定休日 :毎週月曜日と第一日曜日

 

【大友パン店】福島の名産 酪王カフェオレを使用した「カフェオレボックス」

ふんわりとしつつも食べ応え十分の厚切り食パンに、酪王カフェオレを使用した、香り高く甘さ控えめのクリームがたっぷりと塗られたカフェオレボックスが名物。そのほかには定番のクリームボックスや、香ばしい香りが食欲をそそるメープルナッツのクリームボックスが販売されています。

 

店名  :大友パン店
住所  :郡山市虎丸町24-9
営業時間:7:30~19:30
定休日 :無休

 

【三万石】お土産にぴったり!箱入りクリームボックス

元祖クリームボックスで有名なロミオを展開する菓子メーカー「三万石」から発売しているお土産にぴったりのクリームボックス「クリームボッくん」。JR郡山駅構内にある「郡山おみやげ館」の三万石ショップなど、三万石の商品を取り扱うお土産店で購入できます。旅の最後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

店名  :三万石 郡山駅おみやげ館店
住所  :郡山市燧田195 エスパル郡山店
営業時間:8:00~20:00
定休日 :無休

 

まとめ 「クリームボックス」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。本記事でクリームボックスという名前を初めて目にした方も多いのではないのでしょうか?

今や郡山市民のソウルフードとなったクリームボックスの本場、郡山に行った際は食べ比べてみてください。そのおいしさにきっとあなたも虜になるはずです。

 

「クリームボックス」の歴史、文化的な価値、魅力

・あるパン屋から広まった郡山市の名物菓子パン
・郡山市内のパン屋がそれぞれ工夫を凝らし新しいクリームボックスが日々生まれている

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部