その情緒ある雰囲気に心も高まる! 二本松の夜を明るく染める「二本松提灯祭り」

2021.01.26
文化 #二本松#二本松提灯祭り#文化#日本三大提灯祭り#無形民俗文化財#祭り

「針道のあばれ山車」や「二本松提灯祭り」など、伝統的なお祭りが多く受け継がれてきた福島県の城下町・二本松市。「二本松提灯祭り」は、日本三大提灯祭りのひとつにも数えられています。7つの町がそれぞれ300個ほどの提灯をつけた太鼓台を、合同で曳き回す迫力のあるお祭り。今回はその二本松市の「二本松提灯祭り」をご紹介します。

 

日本のお祭りの数は年間数十万も! 日本人がお祭りを愛するわけとは?

祭りばやしの音、神輿を担ぐ担ぎ手たちの熱気。全国的に有名なお祭りであれば、テレビでも取り上げられ、その盛り上がりをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

日本では、大小含めて毎年数十万もの多彩な祭典が各地で執り行われています。「祭り」もさまざまで、その地域の伝統行事として古くから伝承されてきたものも多く存在します。「祭り」に足を運ぶなら、その土地の歴史を知ることができ、また地元の人々とも触れ合うことで、その土地の文化を知ることもできるでしょう。

お祭りは本来、神様や先祖を祀り、豊穣を願い、霊を慰めたり、神様に対しての感謝を表すという目的があり、その土地によっては「お神輿」や「山車」など、担ぐものが異なります。「お神輿」は、お祭りの時期に神社から神様がそれぞれの地域を周るためにつくられた乗り物ですが、「山車」は、各町が用意した乗り物に神様に依り着いていただくもの。日本では古来から様々なものに神様がいると信じられてきたため、お祭りの間に神様にとどまっていただくものとされています。

京都の「祇園祭」や大阪の「天神祭」、青森の「ねぶた祭り」などは有名ですが、日本には昔からその土地に根付いた祭りが数多くあり、そのしきたりが守られ受け継がれてきました。
祭りばやしの音やお神輿を担ぐ担ぎ手の威勢、それとたくさんの出店。お祭りのあの楽しい雰囲気と高揚感は、日本人がお祭りを愛する理由のひとつかもしれません。

福島県でも毎年たくさんの祭りが開催されています。日本三大火祭りのひとつに数えられる約420年伝えられてきた須賀川市の「松明あかし」、また飯坂市で行われる「けんか祭り」の熱いぶつかり合いも迫力のあるお祭りです。特に福島県二本松市には、古くからの伝統や文化が受け継がれてきた祭りが多い土地としても知られています。その中でも今回は日本三大提灯祭りのひとつにも数えられる「二本松提灯祭り」についてご紹介したいと思います。

 

約350年の歴史とその受け継がれてきた伝統にふれる「二本松提灯祭り」

毎年10月の第一土曜日から月曜日までの三日間開催される「二本松提灯祭り」。福島県二本松市で行われ、福島県重要無形民俗文化財に指定されているお祭りです。本町・亀谷町・松岡町・竹田町・若宮町・根崎町・郭内町の7つの町から、一台につき約300もの提灯をつけた山車が曳き廻されます。

1664年(寛文4年)、今から350年ほど前から受け継がれてきた「二本松提灯祭り」。1643年(寛永20年)に、丹羽光重公が二本松城に入府した際、「良い政治を行うためには、領民にまず敬神の意を昂揚させること」と丹羽光重公は考えました。1664年に二本松神社を祀ることにより、領民ならだれでも自由に参拝できるようになり、それが「二本松提灯祭り」の始まりとされています。

一番の見どころは初日の夜に行われる宵祭り。7つの町が揃い、二本松神社で提灯に火を灯し、二本松市内を威勢よく周っていきます。お囃子と太鼓台(山車のひとつ)を曳き廻す若連の掛け声、また7つの太鼓台の美しい提灯とその雰囲気は、訪れた多くの人たちの気持ちを高揚させます。約3トンもある太鼓台を方向転換させる瞬間も見ごたえありです。

古くから日本人は提灯を灯して儀式や祭礼などで使用し、またそれが庶民にも使われるようになり闇夜を照らしてきました。二本松駅から徒歩で約5分。太鼓台に300もの提灯をつけ7町が曳き回す「二本松提灯祭り」の光景を見に、是非福島県二本松市を訪れて、その文化や歴史を「二本松提灯祭り」から感じてみてください。

 

イベント名:二本松提灯祭り
開催日時 :毎年10月 第一土曜日から月曜日
開催場所 :二本松神社 福島県二本松市本町1-61

 

まとめ 「二本松提灯祭り」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

夜空を明るく染める「二本松提灯祭り」。祭りばやしの音色と若連の掛け声、そして人々の熱気を感じに福島県二本松市をぜひ訪れてみてください。約350年もの歴史と二本松の人々に根付いてきた伝統や文化を知ることができるでしょう。

 

「二本松提灯祭り」の歴史、文化的な価値、魅力

・350年余り受け継がれてきた伝統あるお祭り
・日本三大提灯祭りのひとつに数えられ、7つの太鼓台の一台に約300もの提灯がつけられ、闇夜を照らすその光景は見る価値大あり
・二本松駅からも近い

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部