ミシュラン・グリーンガイド1つ星に選ばれた「五色沼」とは?

2021.01.26
未分類 #ミシュラン・グリーンガイド#五色沼#散策#磐梯山#磐梯朝日国立公園

ミシュラン・グリーンガイドに選出されたことによって、さらに注目を集めるようになった「五色沼」は、裏磐梯にある湖沼群です。刻一刻と表情を変えるその湖面は、いつの時代も変わりなく人々を魅了し続けています。今回は、そんな五色沼についてお伝えします。

 

刻々と変化する五色沼の美しさを創り出した磐梯山の噴火

五色沼は、5つの沼と思われることも多いですが、実は大小さまざまな湖沼からなっています。五色というのも5色ではなく、さまざまな色という例えです。正確には「五色沼湖沼群」で、1950年(昭和25年)磐梯朝日国立公園に指定されています。

福島県北部にある磐梯高原には、300を超える湖沼が点在しており、五色沼はその中でも裏磐梯と呼ばれる磐梯山の北側に位置する約30の湖沼群を指します。毘沙門沼や赤沼、みどろ沼、滝沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などがあり、それぞれ異なる美しさには目を見張るものがあります。

ひとつひとつの沼はその場所をはじめとして、大きさ、形、透明度、周囲の草木の様子などが異なりますので、どれだけ見ても飽きることがありません。四季であれば、青葉や紅葉、雪景色と変化しますし、同じ季節であってもその日の天気や時間帯によっても表情が変わります。翡翠色や瑠璃色の輝きはただただ美しく、自然が織りなす景観に時間が経つのを忘れてしまうでしょう。

そのような自然の芸術品が作られたのは、今からさかのぼること100年以上も前、1888年(明治21年)に磐梯山が噴火したことによります。噴火によって山の一部が崩れ、なだれ落ちた岩が川の流れを堰き止めたことにより、五色沼を含む湖沼群が磐梯山の一帯に生まれました。

湖沼群の中でも特に五色沼の色彩が美しいのは、水に含まれる成分が関係しています。五色沼付近の湧き水と噴火によって火口に生まれた沼の水に含まれる成分が化学反応を起こし水中で白濁、そこに太陽の光が当たることで五色に輝いて見えるのです。

 

ミシュランひとつ星は五色沼の美しさが世界的に認められた証

五色沼はもともと福島県屈指の観光名所ですが、2016年、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンのひとつ星に認定されたことで、さらにその名が知られるようになりました。ミシュランは、レストランを星の数によって評価することで知られるあのミシュランガイドで、グリーンガイドはその観光名所版です。日本を訪れる外国人観光客に向けて観光名所を推奨しています。

なお、星の数の意味は次の通りです。

三つ星は「わざわざ旅行する価値がある」
二つ星「寄り道する価値がある」
一つ星「興味深い」

外国人をもうならせる五色沼。その散策を楽しむ五色沼自然探勝路は片道約4km、所要時間約1.5時間という、初心者の方にもやさしい比較的平坦な散策コースになっています。ぜひご自分の目で五色沼の神秘的な魅力を確かめてみてくださいね。

 

まとめ 「五色沼」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

磐梯山の噴火によって生まれ、裏磐梯代表する観光名所となった五色沼。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに掲載されるほどの景観は、自然という力のなせる業でした。国境を問わず、人智を超えるものに人々は心惹かれるのでしょう。

「五色沼」の歴史、文化的な価値、魅力

・五色沼は磐梯山の噴火によって生まれた30あまりの湖沼群
・2016年、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンの一つ星に選ばれた
・絶え間なくその色を変える湖面は五色に光り輝いて、見るものを魅了する

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部