仁井田本家の米の旨みあふれる日本酒を堪能しよう!夢は自給自足の蔵

2021.01.26
未分類 #仁井田本家#名産・グルメ#田村#福島 日本酒#穏(おだやか)#自然酒

福島県は酒蔵が多く、さまざまな銘酒を生み出している県です。今回は米の旨みを追求し「無肥料無農薬の自然米と天然水」を用いて、酵母無添加(蔵付き酵母)による自然酒づくりに励む、300年以上の歴史と伝統ある福島県の酒蔵、仁井田本家をご紹介します。

 

米の持ち味を引き出すゆえの田んぼへのこだわり

福島県郡山市田村町にある「仁井田本家」は創業1771年(明和8年)の酒蔵です。「酒は健康に良い飲み物でなければならない」という信条を代々受け継いでいます。17代蔵元の仁井田穏光さんが日本で初めて「自然酒醸造」を成し遂げ、その技術は現在18代蔵元杜氏である仁井田穏彦さんに伝承され、仁井田本家の酒は「無農薬・無化学肥料の自然米と、天然水」でつくられています。

18代目の仁井田穏彦さんは、2011年仁井田本家が創業300年という節目に、自然米100%による酒づくりを宣言。しかしこの年に東日本大震災に見舞われ、酒蔵の機材の一部の破壊や、福島県が風評被害を受けるなどの厳しい現実に直面します。ですが、こんな時だからこそ「日本酒で日本を元気にしたい」と一丸発起、福島県での自然派の日本酒づくりを続けたそうです。

日本酒の原材料となるお米にこだわる理由は、やはり米の持ち味を最大に引き出したいという想いから。仁井田本家は無農薬・無化学肥料の米づくりをするために自社田を持っています。また、日本の田んぼを守りたいという想いから「田んぼの学校」を開催。これは100年先も受け継がれるように、田んぼに負担をかけない自然栽培での米づくりを子供たちに体験していただくイベントです。自社田のお手伝いをしたり、美味しい自然栽培米を味わったりすることができます。

 

仁井田本家のラインナップ

仁井田本家の日本酒は、3つのブランドコンセプトに分かれています。

 

自然酒

伝統的な製法で自然栽培米・井戸水(中硬水)を使用し、酵母無添加(蔵付き酵母)で作られている。汲出し四段仕込みが特徴で、上品なとろりとしたコクと旨みが引き出されたお酒です。

 

穏(おだやか)

流行りの味を追求するブランド。有機栽培米・湧き水(軟水)を使用し白糀酒母で醸している。酸味と旨みのバランスが良くキレと香りが特徴で、食中酒としても相性の良いお酒です。

 

田村

自社田の自然栽培米「亀の尾」と井戸水(中硬水)を使用、つまり地元田村の米と水でつくられている。力強く上質な旨辛口が味わえます。

 

仁井田本家の買える店、飲める店、オンラインストアはこちら

https://1711.jp/shopsearch/

 

「にいだのサブスク」にも注目です。「季節のお酒」や「頒布会限定酒」などが購入できるので、期間限定品を逃すことがありません。

100年後に繋ぐ「百年貴醸酒」は「お酒でお酒を仕込む」という贅沢ぶり。日本酒は通常、仕込み水で仕込みますが、水の代わりに「前年の貴醸酒で仕込む」製法で、その味は濃厚甘口で食前、食後に親しまれているとか、次世代に繋ぐ夢あるお酒です。

スイーツも存在感があります。「麹チョコ」はお米100%で、カカオなし、そして砂糖なし。口溶けがチョコレートに似ているそうです。お味はプレーン、さんしょ、黒ごまきなこ、ラズベリーなどがあり、蔵見学で試食ができます。まさに食べる甘酒ですね。

 

有名シェフたちも訪れる蔵見学

福島県を訪れたら酒蔵見学は外せません。仁井田本家の酒蔵の醸す景色は想像以上にノスタルジックで、この目で見て香りを感じてみたいものです。そしてやはり蔵見学の最後のお楽しみといえば、日本酒の試飲ですね。料理にぴったりの日本酒を求めて仁井田本家の蔵見学には、全国から有名店のシェフたちが見学に訪れています。美味しいものを求めるグルメの旅には外せない観光スポットです。

体験イベントもあり、木桶の櫂(かい)入れ体験や、伝統的な「木桶」での酒仕込みができるというレアな体験が申し込めます。

 

仁井田本家の蔵見学やイベント(オンライン含む)についてはこちら

https://1711.jp/calendar/

 

ソーシャルメディアからの情報も見逃せません。インスタのライブ配信では酒蔵の様子や、仁井田本家の日本酒を使った鍋レシピも公開しています。有名シェフとの料理と日本酒のコラボイベントの募集など、情報満載なので福島県にある蔵がとても身近に感じます。ぜひチェックしてみてください。

 

Facebook

https://www.facebook.com/%E4%BB%81%E4%BA%95%E7%94%B0%E6%9C%AC%E5%AE%B6-333083406711165/

 

instagram

https://www.instagram.com/niidahonke/

 

仁井田本家
住所:〒963-1151 福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139番地
TEL:024-955-2222
公式サイト:https://1711.jp/
営業時間:問い合わせ
[電話受付] 月~金 10:00〜17:00(祝祭日・夏季休業日・年末年始等を除く)
[売店営業] 10:00〜17:00(夏季休業日・年末年始等を除く)

 

まとめ

仁井田本家の夢は、自社田をもっと増やし、村の米と水、そして家の裏山で育った杉でつくった木桶で醸す酒づくりができる「自給自足の蔵」。そしてその自然資源を次世代に残すことだ。美味い日本酒を求めているうちに、酒の旨さだけではなく、つくり手の想いやビジョンに惹かれるファンも多いという。福島県を訪れたらぜひ、仁井田本家に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部