会津のカツ丼と言ったら「ソースカツ丼」!ボリューム満点のご当地グルメ

2021.01.26
#なかじま#むらい#会津 ソースカツ丼#名産・グルメ#白孔雀食堂#若松食堂

会津以外の地域で「カツ丼」といえば甘じょっぱいタレで煮て卵とじにしたものが一般的ですよね。ところが会津でカツ丼といえば、ほかほかの白米の上に千切りキャベツを敷き詰め、甘めのソースをたっぷりと絡めたソースとんかつを乗せたものが定番。会津流のソースカツ丼の魅力とソースカツ丼の名店をご紹介します。

 

会津流「ソースカツ丼」の魅力に迫る

香ばしく揚げられたカツに店の個性が光るソースを絡めたソースカツを頬張れば、じゅわっと広がる豚の香ばしい油と甘み、トンカツによく馴染んだソースの味わいが口いっぱいに広がり、あっという間に完食してしまうほどの美味しさです。

会津でこの「ソースカツ丼」が広まった起源は諸説あり、大正時代、洋食のコックがかば焼を元に、トンカツに甘めのソースを絡めて作ったまかない料理が始まりとする説や、戦前、会津の食堂の店主が東京からコックを招いたことによりソースカツ丼が生まれたとする説、戦後に会津の食堂の店主が東京で食べたソースカツ丼をアレンジし、提供したことで広まったとする説など、時期も経緯も定かではなく、しばしば論争が巻き起こることも。

そんなソースカツ丼は市内の約100店舗で食べられるとされており、オーソドックスなソースカツ、秘伝のソースを使ったソースカツ丼を提供する店、満腹必至の大盛りやが魅力のお店まで、どの店も絶品揃いで時には県外から会津のソースカツ丼を求めてファンが訪れることもあるそうです。

 

箸が止まらない!?会津のソースカツ丼が味わえるお店

数ある会津のソースカツ丼のお店の中から、遠くからでも足を運びたい絶品ソースカツ丼が味わえる名店をご紹介したいと思います。ぜひ会津若松市に行く際の参考にしてくださいね。

 

【若松食堂】サクサクのカツが魅力!ソースカツ丼発祥の店

諸説ある起源の一つとされている昭和5年創業の昔ながらの食事処「若松食堂」。薄めでサクサクに揚げられたカツと継ぎ足しの秘伝のソースが絡み、絶妙なハーモニーを生みます。スタンダードなソースカツ丼が楽しめるので、必ず一度は立ち寄りたいお店です。

 

店名  :若松食堂
住所  :会津若松市大町2-7-1
営業時間:11:00〜20:00
定休日 :不定休

 

【むらい】インパクト満点!衝撃の肉厚カツ

とにかく肉厚なトンカツが目を引くのは「むらい」のソースカツ丼。分厚くジューシーなカツと甘めのソースがクセになる美味しさです。また、20円でお持ち帰り用のタッパーが変えるため、食べきる自信のない方でも安心。お腹がペコペコの時にがっつきたい一品です。

 

店名  :むらい
住所  :福島県会津若松市門田町大字中野字屋敷107-1
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:00)
定休日 :木曜日、毎月最終日曜日

 

【白孔雀食堂】どんぶりからはみ出る大迫力ソースカツ!

地元の有名店「白孔雀食堂」。創業以来継ぎ足しで作ってきた特製ソースを絡めていただくのは、どんぶりからはみ出るほどの大きなトンカツ2枚!自家製ラードで揚げた巨大カツはサクッとジューシー、思わず笑顔になるようなソースカツ丼が楽しめます。

 

店名  :白孔雀食堂
住所  :福島県会津若松市宮町10-37
営業時間:11:00〜15:00
定休日 :月曜・金曜定休

 

【なかじま】煮込みソースカツ丼元祖の店!

カツを割下ではなくソースで煮込み、卵で綴じた「煮込ソースカツ丼」が楽しめる老舗です。初代社長が考案した煮込ソースカツ丼はコクのあるソースとジューシーなカツ、卵の優しい味わいがベストバランスな逸品です。

 

店名  :なかじま
住所  :会津若松市上町2-39
営業時間:[月]11:00~14:30 [水~金]11:00~14:30 17:30~20:00 [土・日・祝]11:00~15:00 17:30~20:00

定休日 :火曜日

 

まとめ 「会津 ソースカツ丼」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。会津流ソースカツ丼の諸説ある起源、お店ごとに進化を遂げ、ますます発展していくソースカツ丼についてお伝えしてまいりました。

トンカツやソースにこだわりが光るソースカツ丼を食べてみたくなった方も多いのではないのでしょうか。会津若松に行かれる際はぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

「会津 ソースカツ丼」の歴史、文化的な価値、魅力

・全国的に知られる「カツ丼」とは異なる会津の名物「ソースカツ丼」
・店ごとの個性を楽しむ地元のグルメ

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部