味わってほしい!山海と川という三つの幸に恵まれた福島の郷土料理5選

2021.01.26
文化 #こづゆ#どぶ汁#にしんの山椒漬け#割烹一平#名産・グルメ#會津郷土食と桜鍋 鶴我 会津本店#棒鱈料理#渋川問屋#郷土料理#馬肉料理

太平洋からの海の幸と奥羽山脈からの山の幸、そして川の幸にも恵まれる福島県には、数多くの郷土料理があります。代表的なものとして挙げられるのは、こづゆ、にしんの山椒漬け、どぶ汁、馬肉料理、棒鱈料理などです。今回は福島ならでは郷土料理と、その郷土料理が食べられるおすすめのお店をご紹介します。

 

由来を知ればあれもこれも食べたくなる!福島の代表的な郷土料理

数ある福島の郷土料理の中でも、これからご紹介するのはその土地の特徴をよく表しているものばかりです。ひとつずつ見ていきましょう。

・こづゆ
山海の幸がひとつのお椀に凝集された具だくさんの汁料理です。ホタテの貝柱などで取った出汁に豆麩やキクラゲ、糸こんにゃく、里芋、人参などの具材が入り、薄味の透き通ったお汁に仕上げられます。かつてはおもてなしの際に出されたご馳走でした。

・にしんの山椒漬け
身欠きにしんに山椒の葉を加えしょうゆと酢で漬け込んだものです。その昔、会津などの山間部では鮮魚を手に入れるのが難しく、にしんなどの干した魚がよく食べられていました。

・どぶ汁
あんこう鍋との違いは、水を使わずにあん肝と味噌をベースとして身と野菜を煮込むところです。海のフォアグラともいわれるあん肝と味噌の濃厚なスープは絶品!あんこうは福島から茨城にかけて水揚げされる冬の味覚の代表格です。美肌が期待できるコラーゲンも豊富に含まれています。

・馬肉料理
馬刺しや桜鍋などが有名です。福島は全国でも屈指の馬肉生産量と消費量を誇ります。赤身の馬刺しが日常的に精肉店などで取り扱われるほどです。食肉の中でも栄養豊富でヘルシーなことから最近では注目を集めています。戊辰戦争で栄養価の高い馬肉が出されたことが、この土地に根づいたきっかけともいわれています。

・棒鱈料理
乾燥した鱈を数日かけて水で戻し、しょうゆと砂糖でゆっくりと煮詰めたものです。身欠きにしんと同じく、かつて山間部では干した魚が貴重なたんぱく源だったことからよく食されていました。

このほかにも、わっぱめしや山人(やもーど)料理、いかにんじん、そばなどがあります。比較的新しいところでは、会津ソースカツ丼やラーメンがあり、ラーメンについては喜多方、郡山、白河、福島などが人気です。

 

福島の郷土料理ならここ!産地だからこそおすすめしたいお店

本場ならではの郷土料理を味わえるお店をそれぞれご紹介します。ゆかりの土地だからこそ出せる本場の味をどうぞご賞味ください。

 

【渋川問屋】「こづゆ」

ランチの御前またはコースには、すべてこづゆが含まれています。大正を感じさせる木造の建築も魅力的です。

 

店名  :渋川問屋
住所  :会津若松市七日町3-28
営業時間:11:00~19:00
定休日 :年中無休(元日を除く)

 

【鰊屋敷太田】「にしんの山椒漬け」

にしんの山椒漬けを単品で注文することができますし、セットメニューにはにしんの山椒漬けが含まれているものがあります。にしんの天ぷらや田楽、にしんそばなど、そのほかのにしん料理も豊富です。

 

店名  :鰊屋敷太田
住所  :会津若松市相生町2-10
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
定休日 :毎週木曜日

 

【割烹一平】「どぶ汁」

どぶ汁はもちろんのこと、あんこうのコース料理も用意されています。歩くウニでも人気を集めるお店です。

 

店名  :割烹一平
住所  :いわき市小名浜下町75
営業時間:11:00~20:00(火~土)11:00~15:00(日)11:00~19:00(祝日)
定休日 :毎週月曜日

 

【會津郷土食と桜鍋 鶴我 会津本店】「馬肉料理」

馬肉料理の専門店です。お店で使用する赤身の馬刺しは一頭からわずかしか取れないという貴重な部位で、新鮮かつ上質な馬肉を提供しています。

 

店名  : 會津郷土食と桜鍋 鶴我 会津本店
住所  : 会津若松市東栄町4-21
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日 : 不定休

 

【元祖輪箱飯割烹・会津料理 田季野】「棒鱈料理」

棒鱈単品で注文できますし、会席料理なら小皿で提供されます。お土産として購入する可能です。

 

店名  :元祖輪箱飯割烹・会津料理 田季野
住所  :会津若松市栄町5−31
営業時間:11:00~20:00
定休日 :年中無休

 

まとめ 「郷土料理」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

山海や川の幸が取り入れられた福島の郷土料理は非常に豊かです。こづゆやにしんの山椒漬け、どぶ汁、馬肉料理、棒鱈料理はその代表格ともいえます。それぞれに土地ゆかりの物語があり、それを知った上でいただく本場の郷土料理には、一味も二味も違う特別感があるのではないでしょうか。

 

「郷土料理」の歴史、文化的な価値、魅力

・福島の郷土料理には、こづゆ、にしんの山椒漬け、どぶ汁、馬肉料理、棒鱈料理などがある
・郷土料理には福島の山や海、川の恵みが活かされ、それぞれにその土地ゆかりの物語がある

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部