夏祭りといえば!日本一の大わらじ「福島わらじまつり」についてご紹介

2021.01.26
文化 #わらじまつり#夏祭り#太陽堂こむぎせんべい本舗#文化#東北6大祭り#福島市

福島県福島市で毎年夏に開催される祭り「福島わらじまつり」は市民の健脚を願い、昭和45年に開催されてから50年以上の歴史をもつ伝統ある夏祭りです。わらじの大きさでは日本一の大きさを誇り、東北6大祭りに数えられています。日本一の巨大なわらじを街を練り歩く様は大迫力です。今回は「福島わらじまつり」についてご紹介いします。

 

福島わらじまつりが開催される福島市とは

福島市は福島県の中央北部に位置し、福島県の県庁所在地で人口約29万人の福島の中心都市です。
福島市のシンボルとして市の中心に浮かんでいるかのように聳える信夫山は熊野、羽黒、羽山の三山からなっており、羽黒、月山、湯殿の三神社が祀られ、古くから信仰の山とされ御山と呼ばれてきました。400年近くの歴史がある信夫三山暁まいりと言う日本一の巨大わらじを信夫山の黒羽神社に奉納する祭事があり、福島わらじまつりは信夫三山暁まいりを由来しています。伊勢参拝などの長旅に出かける人々が健脚、旅の安全などを祈って奉納するようになりました。近年は無病息災・五穀豊穣・家内安全・商売繁盛も願っています。
「縁結びの神」として知られており3年続けて暁参りにお参りすると恋が結ばれると言われており、信夫山から福島市内の夜景をバックにプロポーズすると結ばれる言い伝えもあるようです。

また、信夫山は福島有数のお花見スポットであり、春には桜祭りも開催され多く人々が訪れます。福島市の絶景を一望できる展望台や公園などがあり四季折々の自然と触れ合える場となっています。

福島市は中心都市なので観光スポットやグルメ、お土産などは豊富にあります。
その中でも、福島市のお土産は太陽堂のむぎせんべいがオススメです。
創業90年位以上の古くから愛される福島市の味で、小麦粉と落花生から作られるお煎餅で噛めば噛むほど優しい甘さがくちいっぱいに広がり、噛みごたえがあります。
美味しくてどこか懐かしい味についつい手が伸びてしまいますよ!

 

太陽堂こむぎせんべい本舗

 

福島わらじまつりの歴史と見どころ

福島わらじまつりは東北6大祭りに数えられる伝統ある夏祭りです。
毎年2月に行われる信夫三山暁まいりに由来しています。信夫三山暁まいりは長さ約12m、幅約1.4m、重さ約2tの日本一の巨大わらじを片足分約100人の担ぎ手によって担ぎ上げ、羽黒神社へ奉納する江戸時代から続く受け継がれた伝統ある神事です。
福岡わらじまつりは、毎年8月初旬頃に福島県福島市の福島駅前東口周辺で2日間行われるお祭りで、信夫三山暁まいりと同様に日本一の巨大なわらじが街を練り歩き、羽黒神社に奉納される伝統文化行事で、担ぎ手は威勢よい掛け声とともに、わらじを上下に動かしたり、大きく回転させたりする姿は迫力満点で一見の価値あり!!
また、信夫通りでは各種イベントが行われており、わらじ音頭に合わせて華やかに踊るわらじおどりは盆踊り調の音楽に乗せてゆったりとした雰囲気で行われる。参加団体以外の一般参加は認められていないが、最後のターンのみ列に混じって一緒に踊ることが可能です!
他にもわらじ競走があり、小学生の部と女性の部では小わらじ、一般の部では5mのわらじを担いで競い合います。一般の部で使用するわらじは福島駅西口の新幹線改札内に展示されていますよ。
また、わらじ音頭をヒップホップ調にアレンジした曲で踊るダンシングそーだナイトで情熱的位に踊りフィナーレを飾ります。こちらも参加団体以外の一般参加は認められていませんが好意的に受け入れるチームへの参加は可能です。
3日間でやく30万人が来場する夏の風物詩!是非見に行って見てください!

 

イベント名:福島わらじまつり
※2020年は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、開催中止となりました。
開催日時 :毎年8月の第一金曜日から日曜日
開催場所 :福島県福島市 福島駅近く国道13号(信夫通り)・羽黒神社(わらじ奉納)

 

・福島わらじまつり

ホーム

 

まとめ 「福島わらじまつり」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

東北6大祭りに数えられる伝統ある夏祭りでもある福島わらじまつりは、日本一の巨大なわらじを担いで練り歩く行事は圧巻の光景であること間違いなし!
福島市に夏に訪れたら是非、「福島わらじまつり」に行ってみてくださいね!

 

「福島わらじまつり」の歴史、文化的な価値、魅力

・東北6大祭りに数えられる伝統ある夏祭り
・日本一の巨大なわらじを担いで練り歩く行事は圧巻
・わらじ音頭やわらじ競争、ダンシングそーだナイトなどのイベントも

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部