実は「そば」県!福島の香り豊かなそばを味わってみませんか?

2021.01.26
未分類 #わき水#名産・グルメ#手打ちそばよしなり#桐屋 権現亭#福島 蕎麦

「そば」という言葉を聞いてあなたはどの都道府県を思い浮かべますか?恐らく、長野県や岩手県、新潟県などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。でも実は、福島県はそばの生産量が多く全国有数の「そば生産県」なんです。今回は「福島県のそばの歴史と美味しいお店」をご紹介します。

 

平安時代から愛され続けたそば。新種の登場も

福島県のそばの歴史について少しお話いたしましょう。福島県のそば栽培は、平安時代まで遡ります。猪苗代町の遺跡から、平安時代に利用されたそばの実が見つかったことから、その頃からそばが食されていたと予想されます。大熊町の古い家からは、天保時代のそばが発見されたこともあるようで、古い時代から馴染みがあるものだったようです。お米のとれない地域では、そばはお米代わりに食されていたと言われています。しかし、県内でも産地である会津では「ハレの日のご馳走」として親しまれていました。

この「ハレの日のご馳走」として使われる会津のそばは、つなぎを使わず粉をたくさん使って作られます。白くてコシがあり、喉越しがいいのが特徴です。南会津の山間部で作られるそばは「裁ちそば」と言います。挽きぐるみの黒いそば粉を使ってつなぎは使わず、生地は畳まないで重ねて包丁で裁つように切り、ハレの日でも食せるように長くなるように仕上げます。そば文化はもちろん日常食としても使われ、そば粉ともち米で作られる「はっとう」や「そばやきもち」など、馴染み深いものでした。

福島県のそば栽培は広大な栽培面積を持つため、全国3位を誇ります。しかし特に「品種」というものがなく、「在来種」が一般的でした。そこで誕生したのが福島県オリジナルのそば品種「会津のかおり」です。これは在来種を収集し、系統としての純度を高め、議論を重ねて出来上がりました。品種同士の掛け合わせはせず、持ち味を大切にしたものです。「会津のかおり」は、味・香りなどが優れていて、製麺しやすいのが特徴です。現在では福島県の名産品として親しまれています。

福島県にはさまざまなご当地グルメが存在しますが、県内で生産量が多いそばも、実は昔から馴染みがあり、愛されているのです。

 

福島県内でこだわりそばが堪能できるお店

では福島県のそばが美味しいことが分かれば、せっかくなので現地で食したいですよね?ということで、福島県内で「美味しいそばが食せるお店」を厳選したので、ご紹介します!

 

【わき水】磐梯のわき水を使ったこだわり蕎麦を堪能

郡山の人気店「わき水」は、そばを打つ際にも磐梯のわき水を使っています。店主がこだわりを持つそばは丸抜きを石臼挽きした全粒粉を使った十割蕎麦で、粉の香りや味を大切にしています。店主が会津出身ということから器までもが会津産。郡山に行ったらぜひ立ち寄りたい一軒です。

 

店舗名:わき水
住所:福島県郡山市富田町塩ノ草37-17
営業時間:11:00〜15:00 117:00〜19:30
定休日:木曜日、第2水曜日

 

【手打ちそばよしなり】福島駅から徒歩圏内!カフェのような雰囲気が魅力

福島駅から徒歩7分、歯ごたがありコシが強く喉ごしのいいそばが自慢のお店、「手打ちそばよしなり」。会津産の蕎麦粉を使った、店主自慢の蕎麦です。カフェのような空間は居心地が良く、心落ち着きます。金額もリーズナブルで、気軽に立ち寄れるのが特徴です。

 

店舗名:手打ちそばよしなり
住所:福島県福島市置賜町8-3 アオイビル1F
営業時間:11:30〜15:00
定休日:不定休

 

【桐屋 権現亭】創業から50年、福島の名産「会津のかおり」に舌鼓

香りとモチモチとした歯ごたえのある、福島の名産「会津のかおり」が食せるお店です。その他にも透き通るような白さが特徴の「飯豊権現そば」、つなぎを使わない「会津頑固そば」も味わえます。お店で使用する食材は、できる限り無添加・無農薬で、体に優しい、おいしいものにこだわっています。

 

店舗名:桐屋 権現亭
住所:福島県会津若松市上町2-34
営業時間:11:00〜15:00
定休日:月〜木曜日

 

まとめ 「そば」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。福島県のそばには深い歴史があり、昔から馴染み親しまれていたことがわかりました。 自然豊かな福島だからこそ、そばの生産量も多く、美味しい水が更にそばのおいしさを引き立てています。

同じそばでも香りや喉ごし、歯ごたえなどお店によっても様々です。福島県産のおいしいそばを味わいたいという方は、ぜひ福島県へ訪れてみてください!

 

「そば」の歴史、文化的な価値、魅力

・福島県では平安時代からそばが馴染み親しまれていた
・新種の登場し、更においしいそばが有名になった
・お店ごとにそばの味、食感、香りなどが異なり、多種多様な味が堪能できる

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部