新選組の誕生そして終焉の裏に会津藩あり!忠義によって深く結び付いた「誠」の男たち

2021.01.26
歴史 #会津藩#壬生浪士組#斎藤一#新選組#歴史人物#近藤勇#鶴ヶ城

幕末を生きた男たち「新選組」。「誠」の旗のもとに集った彼らは、最後まで君主に忠誠を尽くし、そして散っていきました。そんな彼らの物語は、いまなお多くの人の心をつかみ、ファンは増え続けています。新選組の主な活躍の舞台は京都でしょ、福島は関係あるの?と思われるかもしれません。実は新選組と福島、特に会津若松は深い絆で結ばれているのです。今回は新選組と会津の歴史をたどってみましょう。

 

「新選組」の名付け親も会津藩!宿命的な出会い

新選組と福島県の繋がりは、会津藩にあります。会津藩とは徳川親藩のひとつで、現在の会津若松市を中心に治めた由緒ある大名でした。新選組との出会いは、当時の会津藩主・松平容保が京都守護職に任命されたことが始まりです。幕末の京都は、開国するか否かで朝廷と幕府がもめていました。特に長州藩を筆頭に、過激な尊皇攘夷論を振りかざすものも出始め、どこの藩にも属さない浪士も集まってくるなど治安が悪くなっていたのです。そこで京都の平和を守るための役目、京都守護職が新設されました。そして徳川家の信頼厚い会津藩が任命されたのです。

新選組はその頃「壬生浪士組」と名乗り、将軍上洛警護のため東京の日野市からやってきていました。しかし多くの浪士たちは、京都につくやいなや幕府に呼び戻され江戸に引き返していきました。近藤たち壬生浪士組は、本来の将軍警護の任を果たそうと京都に残ります。それが容保の目に留まりました。京都の治安維持のため精鋭部隊を必要としていた会津藩、浪士から武士になるために後ろ盾がほしかった壬生浪士組。2組の利害は一致し、そして志は同じく徳川に忠義を尽くそうとする者同士でした。容保は彼らを受け入れ、会津藩御預としたのです。

さらに「新選組」と名付けたのも、会津藩でした。文久3年8月18日の「八月十八日の政変」に壬生浪士組は出動し、御所の警護を対応しました。そのときの功績が認められて「新選組」と命名されました。もともと江戸中期の会津藩で、藩主の護衛役をつとめる武芸に秀でた藩士の子弟たちのことを「新撰組」と呼んでおり、そこから取られたと言われています。

徳川への忠義で繋がった会津藩と新選組は、最後まで運命を共にしていくのです。

 

忠義を尽くす信念!最後まで戦い続けた会津藩と新選組

新選組は池田屋事件など、多くの功績をあげていきました。しかし孝明天皇崩御をきっかけに情勢は徐々に悪化していきます。討幕派が力を持っていき、ついに「鳥羽・伏見の戦い」を皮切りに戊辰戦争が開戦。新選組も参戦しますが、敗走を繰り返していきます。刀の腕は超一流の剣客集団でも、大砲などの最新装備の前ではかなわなかったのです。とうとう局長・近藤勇が西軍に投降。しかし新選組はなお抵抗を続け、副長・土方歳三が中心となって隊を率いていきました。戦いの部隊は京都から宇都宮へ。さらに会津へと移っていきます。

新選組が会津へ入ったとき土方は足を負傷しており、隊長だった斎藤一が指揮をとりました。白河関門へ出陣し、母成峠で西軍と交戦。西軍3000名に対し、会津藩士を含む新選組ら旧幕府軍側はおよそ800名。多勢に無勢、そして最新兵器を持つ西軍にはかなわず敗走します。土方は援軍を求めて一人仙台へと向かいました。会津藩と新選組は鶴ヶ城に籠城します。堅牢な守りを誇る鶴ヶ城で藩士たちは最後まで抵抗しますが、1868年9月22日、ついに降伏します。籠城戦が始まってから約1ヶ月後のことでした。

そして翌年、函館にて土方が戦死。忠義に生きた幕末の最強集団新撰組は終焉を迎えたのです。

錦の御旗をかかげた西軍に逆らった会津藩や新選組は逆賊として扱われてしまいます。降伏後も、薩長の砲撃でぼろぼろになった鶴ヶ城の天守の再建は認められませんでした。ようやく再建が許されたのは昭和40年のこと。会津藩は長い間過酷な仕打ちを受け続けました。

しかし斎藤一は、降伏と同時に会津藩士として生きていくことを選びます。それはまさに「忠義」。最後まで忠誠を尽くす武士であり続けたのです。

福島には新選組ゆかりの地が多数あります。戊辰戦争以後はつらい歴史が続きますが、彼らが信念をもって最後まで戦った証です。

 

まとめ 「新選組」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

幕末、激動の時代を駆け抜けた新選組。いまなお多くの人に愛されるのは、最後まで信念を貫いたその姿が憧れを生むからでしょう。そして忠義で深く結ばれた会津藩との関係は、新選組を語る上で絶対にはずせない要素です。ぜひ福島で実際に新選組の足跡をたどってみてください。現地で彼らに思いを馳せれば、いまの私たちに教えてくれるものがたくさんあります。

 

「新選組」の歴史、文化的な価値、魅力

・幕末に活躍した剣客集団は、会津藩の後ろ盾によって誕生した。
・忠義によって深く結び付き、最後まで信念をもって戦った。その終焉の地は会津である。

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部