日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」を本場で味わう!

2021.01.26
未分類 #まこと食堂#グルメ通#名産・グルメ#喜多方ラーメン#喜多方市#坂内食堂#来夢#福島ラーメン#藩欽星#食堂はせ川

福島県喜多方市発祥のラーメンで、札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンとして数えられる喜多方ラーメン。この喜多方ラーメンはとっても奥が深く、お店によって様々な味が楽しめます。今回は福島県内で「美味しい喜多方ラーメンが楽しめるお店」をご紹介します。

 

90年以上の歴史と喜多方ラーメンが愛される理由

自然が豊かな福島県。こういった環境だからこそ味わえる名産品が、数多く存在します。地元で採れる豊富な野菜とおいしい水、そして福島沖で採れる魚介。これが福島名物を生み出す鍵となります。現代では福島ラーメンとして、白河ラーメンや郡山ラーメンなども親しまれていますが、特においしい喜多方の水を使った喜多方ラーメンは、長年愛され続けています。

喜多方ラーメンには、90年以上の歴史があると言われています。1925年、中国から来日した一人の青年、藩欽星氏。1927年に彼が福島県の喜多方にて、屋台で支那そばを販売したことが喜多方ラーメンの元祖となったそうです。喜多方ラーメンが多くの人に知られたきっかけは、1974年、金田実氏の「蔵のまち喜多方」という写真展です。喜多方では昔から、醤油や味噌、清酒の醸造業が盛んで、醸造蔵がよく使われていました。そのため金田氏が写真展にて醸造蔵を公開したことが多くの人に知れ渡り、観光客が多く訪れ、喜多方ラーメンが有名になったと言われています。1985年には札幌ラーメン、博多ラーメンと並びご当地ラーメンとして更に知名度アップ。現在でもグルメ通にはもちろんのこと、地元の人や観光客から、人気を集めています。

喜多方ラーメンは、基本的にはあっさりとした醤油ベースの味付け、透き通ったスープです。麺の特徴としては、コシとちぢれがある加水率の高い太麺で、「もちもち感」や「つるつる感」があり食べ応えがあります。しかし、麺の太さやちぢれ、コシ、そしてスープの味付けなど、お店によって様々。喜多方ラーメンは非常に奥深く、県内の喜多方ラーメン店でも様々な味わいを楽しむことができます。

 

本場で「喜多方ラーメン」が味わえる、人気のお店

喜多方市のラーメン店は100軒以上。古くからあるお店から話題の有名店まで多数あります。今回は福島県内で美味しい喜多方ラーメンが食せるお店を厳選しました。

 

【坂内食堂】喜多方ラーメンの御三家である人気店

坂内食堂は古くからある喜多方ラーメン店で、長い行列ができるほどの人気店です。知名度も高く、県外から訪れるお客様もたくさんいらっしゃいます。味付けは塩ラーメンに程近く、透き通ったスープが特徴。豚の出汁がしっかりときいています。柔らかい味の染みたチャーシューとしっかりとした濃いめのスープがやみつきになり、リピーター客も多いお店です。

 

店舗名:坂内食堂
住所:福島県喜多方市細田7230
営業時間:7:00〜18:00
定休日:木曜(祝日の場合は営業)

 

【食堂 はせ川】あっさりスープがクセになる味わい

食堂 はせ川のスープがあっさりとしていて、臭みがなくコクがあります。店主のこだわった大きめのチャーシューは、余計な脂や臭みが一切感じられません。また食感を大切に
した麺は、喜多方ラーメンの定番の麺よりもしっかりとしています。一度食べたらクセになり、常連の方や県外のお客様など、幅広く人気です。

 

店舗名:食堂 はせ川
住所:福島県喜多方市字大荒井6
営業時間:11:00〜15:00
定休日:木曜日、第1水曜日

 

【まこと食堂】創業からの変わらない味、バランスの良さが特徴

まこと食堂の喜多方ラーメンは創業からの味を大切にし、麺・チャーシュー・スープの味のバランスにこだわっています。あっさりめですがコクがある醤油味のスープが麺に絡んで、あとを引く美味しさです。朝の営業も行っているので「朝ラー」も楽しめます。昔ながらの味わいを堪能したい方にオススメです。

 

店舗名:まこと食堂
住所:福島県喜多方市字小田付道下7116
営業時間:7:30〜15:00
定休日:月曜日

 

【来夢】丁寧に作られる麺とチャーシューが魅力

卵を使わず、小麦粉と水だけでつくった麺は、製造後に2日間熟成させるため、もっちりとした食感が特徴的です。また、チャーシューは仕上げまで3日間、その後数ヶ月間熟成させているため、脂っこくなくとろける味わいがたまりません。スープは厳選食材を煮込んだ、あっさりめの黄金スープです。通し営業で定休日もないので、いつでも来夢の味を堪能できます。また福島県内にも数々の店舗展開を行っているのも嬉しい点です。

 

店舗名:来夢
住所:福島県喜多方市字稲荷宮7
営業時間:11:00〜22:00
定休日:年中無休

 

 

まとめ 「喜多方ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

今や関東をはじめ、全国各地でも喜多方ラーメンを提供する店舗は多数あります。しかし、現地で味わう喜多方ラーメンはまた別物。朝から喜多方ラーメンを食す「朝ラー」が楽しめるのも、もちろん本場ならではなのです。

「喜多方ラーメン」の昔ながらの味を楽しみたい方、ぜひ本場の味を求め、福島へ訪れてみてはいかがでしょうか。心ゆくまで喜多方ラーメンを堪能できますよ。

 

 「喜多方ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力

・喜多方ラーメンは、喜多方のおいしい水を使っていて多くの人に愛され続けている
・90年以上の歴史がある喜多方ラーメンは、 札幌ラーメン、博多ラーメンと並び日本三大ラーメンとしても知名度をあげている
・本場だからこそ「朝ラー」が楽しめる

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部