泊まりたくなる理由がここにある! 会津のおすすめ宿3選

2021.01.26
未分類 #おすすめ宿#くつろぎ宿#会津#会津芦ノ牧温泉#大川荘#庄助の宿#散策#新滝#月のあかり#東山温泉#瀧の湯#芦ノ牧温泉

福島県の会津エリアには、多くの老舗旅館やホテルが軒を連ねています。東山温泉や芦ノ牧温泉をはじめ多くの温泉資源を有する会津。せっかくなら、一泊してゆったりとくつろぎたいもの。今回は会津を訪れたらぜひ泊まってみたい、名湯の宿をご紹介します。

 

会津は、泉質の異なる様々な温泉が点在するエリア

福島県会津地方には観光スポットがたくさん。「猪苗代湖」や「磐梯山」などの雄大な自然と、幕末の歴史に触れることのできる城下町の両方を楽しめます。会津を訪れたなら、観光だけして帰るだけではもったいないかも。お宿に泊まってゆっくりしてはいかがでしょう。

会津若松周辺の観光拠点としてアクセスを重視するなら、東山温泉郷の宿が最適。白虎隊の街、会津若松の鶴ヶ城や飯盛山から車で10分程度と動きやすい立地です。開湯1300年余りの古い歴史をもち、会津若松の奥座敷と呼ばれる賑わいをみせる東山は、風情のある老舗旅館が立ち並ぶ落ち着いたたたずまいの町。女子旅もおひとりさまの旅も、大歓迎です。

同じく東山温泉郷と並んで人気があるのが、古くは「幻の温泉郷」とも呼ばれた芦ノ牧温泉。会津若松市街からは車で約25分、大内宿からも車で約1時間とアクセスしやすいため、宿泊拠点として便利です。最寄り駅の会津鉄道芦ノ牧温泉駅からタクシーで7分ほどの距離のため、電車利用の場合も利用しやすい立地。多くの宿が、大川の渓谷美を楽しめる趣向を凝らした露天風呂を備えており、惜しげなくかけ流しにした源泉をとことん堪能できます。体がぽかぽかと温まったあとは、ぐっすり眠ってチャージアップ。

 

一泊すればゆっくりできる! 会津に来たら泊まってみたい宿

豊かな源泉を有する会津の温泉宿。泊まった後は温まった体とすべすべのお肌を実感できるかも!では、会津自慢の温泉を心ゆくまで楽しめる人気の宿をご紹介しましょう。

 

【東山温泉 庄助の宿 瀧の湯】庄助ゆかりの宿ならでは「振舞利酒」でお出迎え

全客室渓流沿いの客室と、東山の名所「伏見ヶ滝」に面した露天風呂が人気の旅館。ライトアップされた滝を眺めながら温泉を満喫できます。会津馬肉や会津産黒毛和牛をはじめとする、地元の旬の食材を活かした会席料理を堪能できます。会津の郷土料理をお腹いっぱい食べることができる朝食ビュッフェも大人気。

 

宿名  :庄助の宿 瀧の湯
住所  :〒965-0814 福島県会津若松市東山温泉108
TEL  :0242-29-1000
FAX  :0242-27-3288

https://shousuke.com/

 

【くつろぎ宿 新滝】土方歳三ゆかりの源泉を汲む宿

会津観光の前後泊に便利な、東山温泉街の中心にある宿「新滝」。すべて源泉かけ流しの趣の異なる4種類のお風呂に加え、湯川の渓流脇に新たに女性専用の半露天風呂もオープンしました。宿泊特典として、徒歩4分ほどに位置する姉妹館の「千代滝」のお風呂が利用できるのもポイント。

 

名称  :くつろぎ宿 新滝
住所  :〒965-0814福島県会津若松市東山町湯本川向222
TEL  :0242-26-0001
FAX  :0242-26-0005

https://www.kutsurogijuku.jp/

 

【月のあかり】「庄助の宿 瀧の湯」の系列の簡易滞在型温泉宿

会津に数泊滞在するなら、リーズナブルなお宿はいかがでしょう。東山温泉郷にて気軽に泊まることのできる「月のあかり」は、AIコンシェルジュの導入など、極力シンプルなサービスにこだわった新しいタイプの宿。渓流沿いと山側の客室全30室を備えており、大浴湯にて東山温泉の湯をたっぷり楽しむことができます。

 

名称  :月のあかり
住所  :〒965-0814福島県会津若松市東山町湯本川向222
TEL  :0242-26-0001
FAX  :0242-26-0005

http://tsuki-no-akari.jp/

 

【会津芦ノ牧温泉 大川荘】大川渓谷に沿う老舗旅館

他では見られない棚田式の露天風呂から眺める渓谷を楽しめる絶景宿です。三味線演奏と餅つきショーが見られるのは昔ながらの温泉旅館ならでは。レトロな非日常感を味わってみたい方にお勧めの老舗旅館です。今話題のあのアニメのワンシーンを彷彿とさせる、という噂もアリ。

 

宿名  :会津芦ノ牧温泉 大川荘
住所  :〒969-5147福島県会津若松市大戸町芦ノ牧下夕平984
TEL  :0242-92-2111 電話受付時間 8:00〜20:30

http://www.ookawaso.co.jp/

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴いサービスや内容の変更があることがあります。詳しくは各施設にご確認ください。

 

まとめ 「会津のホテル」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。最近は会津のあちこちにも足湯スポットが整備され、気軽に温泉を楽しめるようになりました。しかし、せっかく会津を訪れるなら、やはりホテルや旅館に泊まって温泉に浸かり、おいしいものを食べてゆっくり休みたいもの。自分へのご褒美にちょっとリッチな旅館を選ぶもよし、気軽なシンプルステイを選ぶもよし。お好みに合わせてあなたのお気に入り宿を見つけてくださいね!

 

「会津のホテル」の歴史、文化的な価値、魅力

・会津の東山温泉は、1300年ほど前に発見されたと言われる由緒正しい温泉
・東山温泉と並んで芦ノ牧温泉も古い歴史がある温泉
・新撰組ゆかりの地として激動の時代に思いをはせることができる
・秋の紅葉や冬の雪景色など、四季折々の絶景を堪能できる宿が多い

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部