福島の名湯はここ!一度は行きたい自慢の「温泉スポット」をご紹介

2021.01.26
未分類 #名湯#土湯温泉#奥州三名湯#散策#磐梯熱海温泉#福島温泉#美人の湯#飯坂温泉

日本人にとって馴染み深い温泉。日本には数々の名温泉がありますが、その中でも福島県には、有数の温泉地があり、日本での温泉地数第4位を誇るほど。今回は福島の「おすすめの温泉」についてご紹介します。

 

古代から現代まで多くの人々に愛される「温泉」

温泉には深い歴史があると言われています。最も古い「古事記」や「日本書紀」にも温泉が登場。お湯を沸かすことが困難だった太古の時代では、自然と湧き出る温泉は人々から重宝がられていたようです。鎌倉時代以降は、政治の中心が京都から関東に移り、更に多くの温泉地が、様々な文献に登場。江戸時代には将軍や大名などが湯治場として入浴していたことが記載されていますが、多くの一般庶民も利用していた記録があります。また明治時代になると湯治場から保養の場として発展していきます。昭和期になり鉄道の整備が大きく発展すると、更に多くの人が温泉を利用できるように。第二次世界大戦中には、多くの温泉地で疎開児童を受け入れるなど、温泉に助けられた歴史もあります。このように、温泉は古代から現代でも変わらず、人々から愛されているのです。

日本では、温泉は「温泉法」という法律によって定められています。規定以上の温度であるか、また、湧出した水に含まれる物質が規定量含まれているかが「温泉」の判断基準です。温泉には様々な特徴があり、その特徴によって泉質が決まります。泉質は含まれている化学成分の種類と、その含有量によって決定し、全部で10種類に分類。泉質によって得られる効果も様々なので、療養目的で利用される方も多いようです。

日本で3番目に大きい福島県は、地形に特徴があり、南北に3本の山脈が走っています。その特徴から福島県の温泉地は大きく3箇所に分けられますが、3箇所で泉質も異なるため、適応する効果も様々。こういった理由から、福島県の温泉は今、注目を集めています。

 

 

一度は行きたい!福島県でおすすめの温泉スポット

福島県の温泉スポットは、温泉だけでなく豊かな自然に食が堪能できるのも魅力です。今回は福島県のおすすめの温泉スポットをご紹介します。

 

【飯坂温泉】奥の細道にも登場する「奥州三名湯」のひとつ

宮城県の秋保温泉、鳴子温泉と並んで「奥州三名湯」として数えられる飯坂温泉。奥の細道にも記載があり、1689年に松尾芭蕉が立ち寄ったことでも知られています。日本最古の木造建築共同浴場は、老朽化により平成5年に当時の姿を再現し、改築。泉質は単純温泉です。近くにはフルーツラインがあり「くだものの里」としても有名。飯坂温泉のシンボルである鯖湖湯は、地元の人からはもちろんのこと、雰囲気を味わいたいと県外からの観光客にも人気です。

 

・飯坂温泉観光協会&飯坂温泉旅館協同組合
住所:福島県福島市飯坂町十綱町3番地
電話番号:024-542-4241

・飯坂温泉 公式HP

飯坂温泉へようこそ!

 

【土湯温泉】豊富な湧出量が自慢の歴史ある温泉

吾妻連邦に囲まれた土湯温泉。春には桜を、夏には花々を、秋には紅葉を、そして冬には雪景色が楽しめます。四季折々の多彩な景色が堪能できる土湯温泉は、辺りを散策しながらのんびりと過ごすことも可能。土湯温泉は湧出量が豊富なので、多種類の泉質を持つ、非常に珍しい温泉です。また歴史と伝統ある「土湯こけし」は、特産品として有名で、温かみのある優しい表情が特徴的です。

 

・土湯温泉観光協会
住所:福島県福島市土湯温泉町字下ノ町22-1
電話番号:024-595-2217

・土湯温泉 公式HP

https://www.tcy.jp

 

【磐梯熱海温泉】「美人の湯」として慕われる名湯

福島県の中央に位置する磐梯熱海温泉は、アクセス抜群で県内外問わず人気です。南北朝時代に美しい公卿の娘「萩姫」が不治の病にかかり、現・磐梯熱海温泉地内の湧き出るお湯で難病が回復したことから、磐梯熱海温泉は「美人をつくる名湯」としても知られています。泉質はアルカリ性単純泉で、肌触りも軽いのが特徴。また猪苗代湖や磐梯山も近く、自然も堪能でき、温泉街の散策も楽しめます。

 

・磐梯熱海温泉旅館協同組合/磐梯熱海温泉観光協会
住所:福島県郡山市熱海町 磐梯熱海駅構内
電話番号:024-984-2182

・磐梯熱海温泉 公式HP

http://www.bandaiatami.or.jp

 

 

まとめ 「温泉」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。長い歴史を持つ福島県の温泉には、松尾芭蕉をはじめ、有名な歌人がたくさん訪れたようです。

彼らの足跡を辿りながら、福島県の温泉街を散策してみると、温泉の新たな楽しみ方ができるでしょう。ぜひ、福島の温泉に訪れてみてくださいね。

 

 

​「温泉」の歴史、文化的な価値、魅力

・温泉は古代から親しまれ、福島には松尾芭蕉の奥の細道に登場する飯坂温泉などがある
・日本で3番目に大きい福島県には、様々な泉質を持つ温泉がある
・温泉だけでなく、四季折々の自然や食が堪能できる

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部