福島を代表する「郡山ラーメン」で自然の旨みを堪能する麺道中

2021.01.26
未分類 #ますや本店#ケラン#名産・グルメ#大三元#山ブラック#正月屋#福島ラーメン#福島三大ラーメン#郡山ラーメン

山と海の恵みが味わえる福島県。多くの名産品はもとより、ご存知の通り福島はラーメンでも独自の文化を持つ県として知られています。中でも特徴的と言われているのが北の喜多方ラーメン、南の白河ラーメン、そして中央の郡山ラーメンです。ではどのような特徴があるのでしょうか?市内に600余りの店が立ち並ぶ激戦区の中でも、特におすすめのお店とともにご紹介します。

 

由来さまざま、福島三大ラーメンの歴史

冒頭でお伝えした通り、福島は山海の幸に恵まれた土地。豊かな農産物や海産物が手に入る自然環境は、ラーメンの発展に大きな影響をもたらしました。福島のラーメンとして全国的に知られているのは醤油ベースの豚骨スープとちぢれ麺が特徴の喜多方ラーメンですが、東北の玄関口として知られる白河のラーメンもそれに続く知名度を獲得しつつあります。

白河も醤油ベースの豚骨スープが特徴。ですが喜多方よりも少し濃いだと言われています。その味の元祖は手打ち中華の「とら食堂」。化学調味料を使わず、鶏と豚から抽出した天然のスープに手打ち麺を合わせた醤油味のラーメンに魅せられて修行した弟子たちが白河のみならず、全国各地にその味を広めるほどになっているそうです。

そして福島三大ラーメンと称される最後のエリアで3つの中では最も新しいとされるのが郡山ラーメン。しかしながら、市内にあるラーメン店の数は喜多方や白河を遥かに凌ぐほど。そんな郡山のラーメンもベースは豚骨ですが、特徴的なのは醤油の色が濃いこと。通称「郡山ブラックラーメン」とも称され、現在では福島を代表するラーメンのひとつとして訪れた観光客に親しまれています。とはいえ、ラーメン店の数が他のエリアよりも何倍も多いというだけあって、郡山にあるラーメン店はブラック以外にも様々。古くから愛されるシンプルなものから、変わり種まで幅広く揃っているので、郡山のラーメン巡りだけでもかなり楽しめそうです。

 

いろいろ食べ歩きたい!「郡山ラーメン」が味わえるお店

市内に600あるとも言われているラーメン激戦区の郡山。名物とされる「ブラックラーメン」をはじめ、創業50年を超える地元で愛されるタンメンなど、その数に比例してラーメンの種類も豊富です。郡山の駅前にも人気店があるので、旅の途中や行き帰りにも立ち寄れる、特徴的なラーメン店を紹介しましょう。

 

正統派のラーメンを郡山で味わうなら外せない一軒

開店前から行列ができる人気店の正月屋。福島県民ラーメン総選挙で3位の実力を誇る自慢のラーメンは、伊達鶏と豚骨にふわりと魚介の香りがするスッキリしたスープと自家製麺で味わう支那そば。他にもにがりを残した自然塩を使った塩そばや四川の辛味・上海の香り・和の旨味が一体となったコク辛そばが人気です。

 

店舗名:正月屋
ジャンル:ラーメン・つけ麺・餃子
住所: 福島県郡山市桑野2-7-15
営業時間: 11:00~15:30(L.O.15:00)、17:00~20:45(L.O.20:00)
定休日:水曜日
*新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

 

元洋食店のシェフが腕を振るう評判の個性派ラーメン

会津地鶏を使用し、洋食屋で培った技術を駆使して作られるラーメンが好評のケラン。店名はアイヌ語で「美味しい」という意味なのだとか。ここを来たらまずは山海の出汁と中太麺の絡み具合が絶妙なコクありサッパリの醤白らーめんをおすすめ。洋食時代を感じさせるポロ葱を使用し、白ごまが入った味噌味で甘みがクセになるポロネギ味噌ラーメンも人気です。

 

店舗名:ケラン
ジャンル:ラーメン・餃子
住所: 福島県郡山市安積町荒井字火口内56-10
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 木曜日
*新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

 

黒いスープのご当地ラーメン「郡山ブラック」の名店

明治時代に郡山駅前にあった「ますや食堂」で出されていた醤油ラーメンが元祖と言われる郡山ブラックラーメン。喜多方や白河と同様に醤油ベースのラーメンでありながら、スープの色の濃さから名がついたと言われています。色の濃さとは反対にまろやかで醤油の甘さやコクが感じられます。元・伝・新がありますが、まずは伝からどうぞ。

 

店舗名:ますや本店
ジャンル:ラーメン・餃子
住所: 福島県郡山市新屋敷1-35 ニッカン 102
営業時間: 11:30~終了まで
定休日: 不定休
*新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

 

福島県民ラーメン総選挙で連続1位の貫禄を持つ大三元

創業は1967年。野菜たっぷりのタンメンと餃子のみというシンプルなメニューながら、年齢を問わず客の集まる、郡山を代表する超人気店。タンメンにはたっぷりのキャベツに人参・ニラなどが入っており、野菜の甘みがスープに旨味を加えています。肉が少なめなので、注文の際には餃子を一緒に頼むことをお勧めします。

 

店舗名:大三元
ジャンル:ラーメン・餃子
住所: 福島県郡山市菜根3-12-12
営業時間: 11:00~20:00(L.O20:00)
定休日: 無休(年末年始)
*新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

 

まとめ 「郡山ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

福島のどこよりもラーメン店の数が多い郡山。特徴的なブラックラーメンは是非とも押さえておきたいところです。お店によっていろいろな個性を醸しているので、ブラックラーメンの食べ歩きだけでも十分に楽しめそうです。ただし、スープがなくなり次第終了というお店も多いので、行く時は営業しているかのチェックを忘れずに。

 

「郡山ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力

・色は濃いが味は優しい「郡山ブラック」
・福島三大ラーメンの一つ
・独自のスタイルを持つラーメンも多い

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部