福島を鉄道で巡ったら、ご当地「駅弁」を召し上がれ

2021.01.26
未分類 #うに貝焼き食べくらべ駅弁#ふくのしま豚の醍醐味#名産・グルメ#小名浜名物 カジキソースカツ丼#小名浜美食ホテル#海苔のり弁#福豆屋#鉄道#駅弁

全国各地の名物や美味しいものを詰め込んだ駅弁。旅行や出張のお供として楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?ここでは福島に行ってときには必ず食べたい、福島県の人気駅弁をご紹介して参りたいと思います。

 

福島の海の幸・山の幸、美食の宝庫福島の駅弁

福島には喜多方ラーメンやソーツカツ丼、浪江焼きそば、イカ人参など、福島ならではのグルメが多数存在しています。福島といえば新鮮な海の幸と豊かな山の幸をどちらも味わうことができる立地。美味しい物が生まれるにふさわしい土地とも言えます。

また、福島県にはJR東日本の東北新幹線と山形新幹線の2本の新幹線が走っており、東北の交通の要にもなっています。そんな福島県の駅で駅弁を買って楽しい旅を満喫したい!という方のために魅力的な駅弁が勢揃い。どれにしようか迷って目移りしてしまうほどのめくるめく駅弁激戦区なのです。

福島県内で駅弁が購入できる主な駅は新幹線や在来線が乗り入れている福島駅、郡山駅、会津若松駅、いわき駅、山都駅などとなっているようです。なお駅弁をお買い求めの際は最新情報をチェックしてから行かれることをおすすめします。

 

福島を訪れたら味わいたい!人気駅弁

旅のお供に味わいたいおすすめの絶品駅弁をご紹介します。個性あふれる駅弁とともに巡る福島の鉄道旅に想いを馳せずにはいられない、そんな気分にさせられるような逸品ばかりのラインナップとなっております!

 

【小名浜美食ホテル】いわきの名物を詰め込んだ「うに貝焼き食べくらべ駅弁」

ホッキ貝の貝殻にうにをこれでもかと盛付け、蒸し焼きにしたいわきの郷土料理、“うに貝焼き”と、蒸しうに、いくらなど豪華絢爛の具材を盛り込んだ贅沢な駅弁です。香ばしいうに貝焼きと、フワフワの蒸しうに、ぷちっと弾けるいくらの食感が絶妙にマッチした幸福感MAXの食べ応えはご褒美旅にぴったりです。

 

製造元  :小名浜美食ホテル
主要販売駅  :いわき駅

 

【福豆屋】駅弁味の陣2018でNo.1に輝いた大本命!「海苔のり弁」

JR東日本「駅弁味の陣2018」のはがき投票にて見事No.1駅弁に贈られる「駅弁大将軍」の称号が与えられたこの「海苔のり弁」。お米におかか、大きな海苔とおかずの煮物や厚焼き卵、どこか懐かしさを感じます。のり弁というと一見地味にも思えますがスタンダードであるがこそ、作り手のこだわりや愛情が伝わる一品となっているのです。全国にファンも多いというこののり弁をぜひご賞味あれ。

 

製造元  :福豆屋
主要販売駅  :郡山駅

 

【小名浜美食ホテル】小名浜の海の幸「小名浜名物 カジキソースカツ丼」

蓋を開けるとぱっと見は普通の豚のソースカツにも見えるボリューミーなカツは、小名浜で獲れたカジキマグロを使ったカジキソースカツ丼!小名浜沖は黒潮と親潮がぶつかるという豊かな漁場であり、カジキマグロをはじめとする様々な海の幸が水揚げされるといいます。そんな海の幸がドドンと乗ったこの駅弁で大満足すること間違いなしです。

 

製造元  :小名浜美食ホテル
主要販売駅  :いわき駅

 

【新川】福島のブランド豚を使用した「ふくのしま豚の醍醐味」

福島のブランド豚である麓山高原豚を贅沢に使用した駅弁。柔らかな肉質が特徴の麓山高原豚を、炙り焼き、角煮、炙りベーコン、豚みそそぼろ、しぐれ煮の5種類に調理したおかずが入っており、まさに豚の醍醐味を味わうことができます。食欲をそそる肉厚な豚肉を噛み締めれば甘い脂がジュワッと溢れ出します。

 

製造元  :福豆屋
主要販売駅  :郡山駅

 

まとめ 福島の「駅弁」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

いかがでしたでしょうか。旅のお供に欠かせない福島の駅弁についてご紹介してまいりました。どの駅弁も福島の味を存分に生かした名品ばかりとなっております。旅の途中の腹ごしらえに、いつもよりちょっと贅沢をしたくなったらぜひこだわりのつまった駅弁を召し上がれ。

また、今回ご紹介した以外にも福島にはまだまだたくさんの駅弁があるので、福島を訪れた際は自分好みの駅弁を見つけてみてくださいね。

 

福島の「駅弁」の歴史、文化的な価値、魅力

・福島の海の幸・山の幸をふんだんに使った豪華駅弁の数々
・作り手の愛情がこもったご当地駅弁で旅を彩る

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部