福島県、会津地方の魅力とは?会津について徹底解説!

2021.01.26
その他 #こづゆ#わっぱ飯#ニシンの山椒漬け#会津#土方歳三#散策#新撰組#東山温泉#白虎隊#鶴ヶ城

福島県の西部にある会津。東京から約300km、福島県福島市からは 約100kmの距離にあります。自然に囲まれ、歴史深い街で戊辰戦争、白虎隊、新選組などの歴史ドラマの舞台にもなりました。では今回は、そんな「会津地方」がどんなところかをご紹介します。

 

会津の特徴と、城下町文化

日本で3番目に大きい福島県は、地形に特徴があり、南北に3本の山脈が走っています。そのため、3つの地域に分類され海側の地域が「浜通り」、県中である真ん中の地域が「中通り」、そして「会津地方」となります。会津地方は山に囲まれているためとっても自然豊かな街です。春には新緑や綺麗な花々が見られ、夏には猪苗代湖に映る湖面も楽しめます。秋には紅葉と、冬には雪景色が見られるため、四季折々の自然を楽しめます。盆地なので四季がはっきりとしてるため、夏は暑く、冬は寒いといった特徴もあります。

そんな会津地方は城下町としても知られています。歴史や文化、伝統が今も息づいていて、多くの観光客が訪れている人気の街です。市内の各所に史跡が点在しているため、街を歩くだけでも歴史を感じられ、懐かしい気分になります。

会津若松市内を見守る鶴ヶ城は、これまでの数々の歴史を眺めてきました。激動であった歴史は、幕末まで遡ります。江戸時代末期に、徳川幕府と薩摩藩、長州藩が対立。会津藩主であった松平容保は、京都守護職を努めました。幕府軍が敗走した1868年、鳥羽伏見の戦いで始まった戊辰戦争は、江戸の無血開城の後、薩長軍の標的は会津となり、その後会津軍が降伏するまで、会津各地で戦いが行われていました。戊辰戦争で有名なのは、鶴ヶ城城下の火災の煙を、鶴ヶ城が燃えているものだと勘違いした会津藩の少年藩士白虎隊が、飯盛山で集団自刃してしまったというお話です。その中でも一人生き残った飯沼貞吉によって、この白虎隊の物語は語り継がれました。

また、幕末に徳川家に忠義を尽くすものとして集まった「新撰組」も会津と深い関わりがあります。戊辰戦争に参加した新撰組は戦い続け、京都から宇都宮、会津へと向かうのでした。会津で戦った場所は「母成峠」で、新撰組の代表的な土方歳三や斎藤一などもここで戦ったとされています。新撰組は母成峠の戦いで敗れたそうです。また新撰組の殉職の地としても知られる「如来堂」では、城下に侵攻した新政府軍が新撰組を攻撃。ここでも激しい戦いが繰り広げられ、ほとんどの新撰組隊士がここで討ち死んだと言われています。

 

新撰組のあの土方歳三も湯治した「東山温泉」

このように会津には、今でも歴史感じられる多くのスポットが残っています。飯盛山には白虎隊士や戦死してしまった少年たちのお墓が立ち並び、現在でも献花が絶えません。新撰組が戦ったとされる母成峠には、現在でも東軍(旧幕府軍)の慰霊碑があり、新撰組隊士6名の名前も刻まれています。新撰組の攻撃された「如来堂」や、戊辰戦争時には軍事基地として使われていた「旧滝沢本陣」では、戊辰戦争時の銃痕や刀傷を見ることもできます。また「阿弥陀寺」には新撰組の三番隊長であった斎藤一が眠っていて、「天寧寺」には土方歳三が造ったとされる近藤勇のお墓が建てられています。

歴史を感じることもできますが、会津の魅力はこれだけにとどまりません。温泉地数が全国で4位である福島県、会津にも有名な温泉が2つあります。そのうちの「東山温泉」では、四季折々の自然を感じることもできます。会津若松市の中心地からも近く、車で約10分。更には新撰組のあの土方歳三も湯治したと言われていて、ぜひ一度は訪れたいスポットです。

また会津若松市の七日町通りは明治から昭和初期の時代に建てられた蔵や洋館、木造商家などが残っています。通りにはそばやスイーツ店などの飲食店をはじめ、会津伝統の漆器なども見ることができます。レトロな街中は散策するだけでも楽しめます。

会津では絶品グルメも有名です。そばやお米も高い評価を得てますし、会津地域には多くの蔵元があるので、代表する造り酒屋もたくさんあります。また、「こづゆ」や「ニシンの山椒漬け」、「わっぱ飯」などの郷土料理や会津ならではのB級グルメなども多く存在します。また伝統産業も有名で、国の伝統的工芸品にも指定されている会津漆器や、会津木綿なども400年以上受け継がれています。赤べこは会津地方で子どもの魔避けとして使われてきたと言われていて、今では赤べこに因んで「あかべぇ」というキャラクターも存在します。

 

まとめ「会津」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

会津は江戸時代の戊辰戦争や新撰組との関わりがあり、おいしいグルメや、歴史ある温泉やレトロな街、古くから伝わる伝統品など様々な魅力あふれる街なのです。

歴史を感じながらおいしい物を食べ、温泉に浸かって伝統品をお土産に持ち帰るなんていう楽しみ方もできますね。ぜひ魅力あふれる会津に訪れてみてください!

 

「会津」の歴史、文化的な価値、魅力

・江戸時代の戊辰戦争や新撰組など、歴史との関わりがある街
・会津には歴史を見守る鶴ヶ城を始め、さまざまな歴史スポットがある
・会津ならではの温泉やおいしいグルメ、伝統品なども存在する

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部