芭蕉の気分を味わっちゃおう!『奥の細道』ゆかりの地をたどる福島の旅

2021.01.26
その他 #ゆかりの地#乙字ヶ滝#医王寺#奥の細道#散策#白河関#白河関の森公園#福島#風流のはじめ館#飯坂温泉#鯖湖湯

俳句を極めた俳聖、松尾芭蕉。彼が弟子の曾良を伴なって旅をしたのが有名な『奥の細道』です。二人は目的地のひとつである「みちのく」陸奥(岩手県)へ向かう途中、福島県を訪れています。その滞在期間はなんと13日。福島県はただの通過点ではなく、2週間近くもとどまった芭蕉にとって、そして『奥の細道』にとって大切な場所です。芭蕉は福島でどんな風景をみて、何を感じたのでしょう。その足跡をたどってみましょう!

 

芭蕉と曾良の福島ルートとは?どこに行って何をしたの?

元禄2年4月21日、二人は「白河関」に到着します。ここは当時の東北地方への玄関口。『奥の細道』のなかでも、いよいよ東北に入ることで「旅の決心がついた」と書いています。
翌日二人は須賀川市へ。ここに住む友人、相楽等躬の家に宿泊します。その間なんと7泊8日。この期間に句会を開いたり、寺や神社に参拝したりと、芭蕉は須賀川での日々を満喫しています。もちろんその間に残した句も多数あり、友と俳句の腕を競ったり熱く語りあったことが想像できますね。
8日後、芭蕉は相楽宅を出発します。郡山へ向かう途中「乙字ヶ滝」を見学し、「五月雨の滝降りうつむ水かさ哉」と句を詠んでいます。そして福島城を巡り「医王寺」を参拝し句を詠みました。医王寺に伝わる辛く切ない物語に思いを馳せ、涙を流したと言われています。『奥の細道』のなかで芭蕉が涙を流したと書かれた場面は少なく、一説には4ヶ所だけとも。そのうちのひとつが医王寺なのです。
その後芭蕉と曾良は「飯坂温泉」に宿泊。今では東北を代表する温泉街ですが、当時はまだ規模が小さかったようです。芭蕉は粗末な小屋のようなところに泊まり、虫や雷雨に悩まされた、と愚痴をこぼしています。

 

『奥の細道』をたどるのに外せないのはここ!絶対行くべき芭蕉の足跡

それでは実際に芭蕉の気分になって足跡をたどってみましょう。
まずは福島県に入って、芭蕉が旅の決意を固めた「白河関」。東北本線白河駅からバスで30分ほどのところに「白河関の森公園」があります。白河関跡に隣接しており、入り口には芭蕉と曾良の像が立っています。白河地方独特の直屋造りの民家や、水車小屋などもあり地域の歴史に触れることができます。遊歩道をゆったり歩けば、迷っていたことがあっても、芭蕉のように大切な決心をすることができるかもしれません。

 

名称  :白河関の森公園
住所  :福島県白河市旗宿白河内7-2
開園時間:9:00~17:00 11月~3月は4時まで
休園日 :12月~3月の毎月第2水曜日、年末年始

 

次は須賀川市。須賀川には芭蕉の足跡が多く残っています。必ず立ち寄ってほしいのが「可伸庵跡」。可伸は須賀川で活躍した俳人で、この可伸庵で句会が開かれました。ここで詠まれた「世の人の見付けぬ花や軒の栗」の句碑も立っています。もちろん近くには芭蕉と曾良の像も。
また、芭蕉を知るのに外せないのが「風流のはじめ館」です。こちらは2020年秋に改装され新しくオープンした記念館ですが、それまでは「須賀川市芭蕉記念館」として地域のひとたちに愛されてきました。掛け軸や俳句に関する貴重な資料がたくさん展示されており、芭蕉を知るのにうってつけです。

 

名称  :風流のはじめ館
住所  :福島県須賀川市本町81-4
営業時間:9:00~17:00
定休日 :火曜日(祝日の場合は翌平日)、12/29~1/3

 

須賀川駅からバスで25分ほどのところに「乙字ヶ滝」があります。こちらは日本の滝百選に選ばれており、水が「乙」の字のように流れ落ちることからこの名が付きました。水かさが増すと100mもある川幅いっぱいに滝も広がり、流れ落ちる水がなんとも気持ちの良いところです。近くには芭蕉がここで読んだ句の碑と、芭蕉と曾良の像が立っています。
芭蕉が涙を流した「医王寺」も外せません。こちらには源義経の側近として忠義をつくした佐藤一族がまつられており、その愛情深さに袖を濡らしたと『奥の細道』に書かれています。また宝物館には弁慶が奉納したと伝えられる笈が展示されていて、この笈を見た芭蕉が詠んだ句の碑も立っているので、どちらもチェックしましょう。

 

名称  :医王寺
住所  :福島県福島市飯坂町平野字寺前45
営業時間:8:30~17:00
休業日 :年末年始

 

最後は「飯坂温泉」。芭蕉が浸かったと言われるのは「鯖湖湯」という共同浴場です。こちらは1993年に改築されるまで日本最古の木造建築の共同浴場で、いまもその面影残る、情緒ある浴場です。熱めのお湯にじっくりつかれば身も心もぽかぽかに。泉質は単純性アルカリ温泉で、お肌がすべすべになりますよ。

 

名称  :鯖湖湯
住所  :福島県福島市飯坂町湯沢32
営業時間:6:00~22:00
定休日 :月曜日

 

まとめ 「奥の細道 ルート」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

『奥の細道』で13日間を過ごした福島の地を知ることで、芭蕉の新たな面を知ることができます。またいままで教科書でしか知らなかった『奥の細道』についても、さらに理解も深まります。昔のひとと同じ足跡をたどることができるなんて、わくわくしませんか?俳句好きでなくとも、ぜひゆかりの地を巡ってみてください。

 

「奥の細道 ルート」の歴史、文化的な価値、魅力

・芭蕉の足跡をたどることで『奥の細道』についての理解がより深まる。
・実際にゆかりの地を訪れることで、その地域の魅力や歴史に触れることができる。

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部