足を運ぶ価値大! 人気のご当地グルメ白河ラーメンならこのお店

2021.01.26
未分類 #ご当地グルメ#とら食堂#名産・グルメ#手打ちラーメン英#火風鼎#白河ラーメン#白河市#福島ラーメン

ラーメン好きに外せない土地、福島県。福島のラーメンと言えば、喜多方ラーメンと並んで人気の高い「白河ラーメン」を食べたことはありますか? 地元の人に「毎日食べても飽きないラーメン」と言われ、人々の舌を楽しませている白河ラーメン。今回はそんな白河ラーメンの生い立ちと、福島県を訪れた際にはぜひ立ち寄りたい美味しい白河ラーメンのお店をご紹介します。

 

「白河ラーメン」の起源は江戸時代にあり

福島県南地方を代表するグルメの中で人気の高い、白河ラーメン。現在白河市内だけでも100以上のお店があり、各地の観光客から愛されるご当地ラーメンです。各店舗が独自の味を追求して、進化し続けているのも特徴です。

つるつるもっちり平打ちタイプの手打ちちぢれ麺は、しっかりしたコシと滑らかなのど越し。香ばしく透明感のあるスープは鶏ガラとしょうゆがベース。コクの深い味は、麵とよく絡みます。店によって、鶏ガラ以外に豚骨によるアレンジなど工夫を凝らして個性を
出しています。

ルーツはなんと江戸時代。もともと白河は「日本四大そば処」の一つと言われていました。江戸時代白川藩主の松平忠信が、飢饉対策のために各村に穀物用の備蓄蔵を作らせ、冷害に強いそばを作らせたのが「白河そば」の始まりとのこと。栽培が進み、麺打ちの技法が発達して麺を食べる食文化が浸透し、そこから白河そばの発展につながっていきました。

今の白河ラーメンのもとになったのは、大正時代に開店した中華そば店「亀源」と言われています。創業者の木伏源松が、実家のお汁粉屋が夏場は売り上げが伸び悩むことから考え付いたのが、中華そばでした。1921(大正10)年ごろ、自分の名前を取って店名にした「亀源」をオープン。亀源の店舗のあった白河市本町には「白河ラーメン元祖 亀源跡」の碑が建立されていることからもその偉業がうかがえます。

戦時中には「菊忠運送」が乾麺を開発して「菊忠食堂」を開業。さらにワンタン麺ができたのもこの時代。今でも多くのラーメン店でワンタンをのせた白河ラーメンが出されています。

白河の中華そばが全国ブランドとなったのは「とら食堂」がきっかけ。1973年創業の「とら食堂」は今も県内外からのお客が引きも切りません。創業者故竹井寅次が、「まるい食堂」などで修業を積んだあと、独自の技術を組み合わせていきました。麵棒によるそば打ちの技術を応用してラーメンの麺を打ったそうです。

このように、江戸時代、大正時代、昭和戦時下から今に至るまで、白河ラーメンができるまでに様々な進化が遂げられてきました。

 

本場ならでは! 絶品「白河ラーメン」が味わえるお店

繊細なスープとコシのある縮れ麺が魅力の白河ラーメン。福島を訪れたらぜひとも食べたいもの。白河市民はじめ地元福島で愛される白河ラーメンを美味しくいただける人気のお店をご紹介します。

 

【とら食堂】本家本元の白河ラーメンならまずはここ

「手打ち中華そば」は、古き良き時代の中華そばを楽しむことができます。スープは、鶏ガラと豚ガラ化学調味料を使用せず素材本来のうまみがしっかり引き出されています。熟練職人により手打ちされたちゅるちゅるの縮れ麺との絡まり具合は絶品。周りに民家もないような立地ながら50台近く止められる駐車場がいつも満杯なのも納得。

 

店名  :とら食堂
住所  :福島県白河市双石滝ノ尻1
営業時間:11:00~14:30(土・日は14:00まで) 16:00~18:00
※材料がなくなり次第終了
※通し営業の場合もあり
定休日 :月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)

 

【火風鼎 (かふうてい)】極上の手作りチャーシューが人気

自慢のチャーシューは、福島県産の豚のもも肉を使用し、炭火であぶった香ばしい口当たり。白河ラーメンにしては縮れ具合が緩やかな店主の開発したオリジナル麺は、鶏ガラと豚骨を組み合わせたスープとよく合います。営業時間が短いので、タイミングよく食べられたらラッキーですね。

 

店名  :火風鼎 (かふうてい)
住所  :福島県白河市鬼越44-16
営業時間:11:00~15:00 (材料がなくなり次第終了)
定休日 :火曜日

 

【手打ちラーメン 英(はなぶさ)】駅チカでも白河ラーメンが味わえる!

JR白河駅から徒歩10分の「手打ちラーメン 英」。人気店のため並んで待つことは覚悟ですが、電車で訪れる人でも白河ラーメンを食べやすい立地。鶏の出汁と強めのしょうゆ風味のコク深いおいしさの定番ラーメンをはじめ、ワンタンメンや塩ラーメンも人気です。

 

店名  :手打ちラーメン 英(はなぶさ)
住所  :福島県白河市二番町6
営業時間:11:00~15:00( 土日のお昼は14:30まで) 17:00~20:00
定休日 :毎週木曜日、第3水曜日

※営業時間・定休日は変更となる場合があるため、ご来店前に店舗にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

 

まとめ 「白河ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

知恵と工夫が詰まった福島の白河ラーメン文化を知ることで、さらにおいしさを実感できそうです。「白河ラーメン」に興味を持っていただいたなら、発祥の地でこの味を体験してはいかがでしょう。濁りのない透き通ったスープに絡む味わい深い麺を堪能してください。福島でこそ出会える本場の味を楽しみに、ぜひ白河へいらしてくださいね。

 

「白河ラーメン」の歴史、文化的な価値、魅力

・「白河ラーメン」の歴史は江戸時代、飢饉のための備えとして開発されたそばに由来
・喜多方ラーメンと並んで、今や福島県を代表する全国区のブランドに成長している
・白河ラーメンは、昔からの味を守りつつ今でも進化を続けている

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部