鎌倉時代の歴史を残す国見町

2021.01.26
歴史 #亀岡八幡神社#伊達郡#国見町#日本三大防塁#歴史#福島県立博物館蔵#鎌倉時代#阿津賀志山#阿津賀志山防塁

源義経の死後始まった、源頼朝による鎌倉軍と奥州藤原氏による奥州軍の奥州合戦。頼朝が奥州藤原氏の平泉(岩手県南西部)を滅ぼすことになった、事実上の天下分け目の合戦は福島にありました。鎌倉時代における福島の歴史と今も残る阿津賀志山防塁を紹介します。

 

天下割れ目の合戦、阿津賀志山の戦い

源頼朝に追われた源義経が、奥州藤原氏を頼り、身を隠しながらも結果自害に追い込まれ、さらにその後、鎌倉幕府を開いた頼朝が奥州藤原氏を滅ぼしたエピソードは有名です。この戦は奥州合戦とも呼ばれ、頼朝による鎌倉軍と奥州藤原氏による奥州軍の激戦地となったのが、福島県の阿津賀志山(国見町)でした。奥州軍は早くからこの地に、延べ25万人を要して、二重堀や三重土塁構造からなる「阿津賀志山防塁」を築き鎌倉軍を迎え入れます。しかし、鎌倉軍約28万の兵により阿津賀志山防塁は破られ、加えて奇襲攻撃もあり、奥州軍は大敗します。66ヵ国の武士が動員され、全国的な規模の合戦と言える戦でした。この大敗は、奥州藤原氏の滅亡を決定づけただけではなく、鎌倉時代の成立を決定づけた戦であったと考えられます。

さて、この合戦で戦ったとされる武士についてもご紹介しておきましょう。
まず、藤原氏一族の信夫佐藤氏、佐藤基治。奥州合戦で戦死したとされていますが、詳細はわかっていません。佐藤氏は領地を失うも滅亡は免れます。なお、藤原氏の佐藤氏への信頼は厚く、基治の息子二人は藤原氏の命で義経の家臣となり、源平合戦を共に戦っています。
一方、勝者である頼朝は、佐藤氏が本拠地としていた信夫郡伊達郡を、佐藤基治を破った常陸入道念西に与えています。念西は常陸国伊佐郡を本拠地としていた関東武士で、伊達郡に移り伊達氏を名乗るようになったのです。

伊達氏というと、仙台の青葉城、伊達政宗が有名ですが、伊達氏が現在の宮城県・岩手県南部に移ったのは豊臣時代の伊達政宗の時。伊達氏発祥の地は現在の福島県桑折町、国見町、川俣町にあたる伊達郡にありました。伊達氏は伊達郡の総領として勢力を伸ばしていきます。
その他、頼朝は結城氏に白河郡、伊東氏に安積郡、相馬氏に行方郡、三浦氏(後の葦名氏)に会津郡を与え、福島県域を支配します。

 

 

日本三大防塁「阿津賀志山防塁」

阿津賀志山防塁は日本の三大防塁の一つとされています。二重堀地名を残すなど、阿津賀志山のある景観とともに、国見町を語る遺跡です。当時の土木技術を知るうえでも貴重な遺跡であり、距離は阿津賀志山山頂から阿武隈川までの3.2kmにわたり、なかには岩盤を削って堀が造られるなど堅固な構造となっています。外堀には、阿武隈川から水を引き水堀としていました。

 

〈阿津賀志山防塁〉
住所:福島県伊達郡国見町大木戸,石母田,森山地区、西大枝地区
アクセス方法:JR藤田駅からタクシーで15~25分
関連ページURL:https://www.town.kunimi.fukushima.jp/site/kanko/1991.html

 

〈阿津賀志山山頂(展望台)〉
住所: 福島県伊達郡国見町大木戸
アクセス方法:JR藤田駅からタクシーで20分

 

「阿津賀志山防塁」の模型が、福島県立博物館に展示されています。

〈福島県立博物館蔵〉
住所:福島県会津若松市城東町1-25
営業時間:9:30~16:30
定休日:月曜日
アクセス方法:JR会津若松駅よりタクシーで約10分
関連ページURL:https://general-museum.fcs.ed.jp/

 

伊達氏ゆかりの亀岡八幡宮と高子岡城跡。1189年以降、伊達郡を領した伊達氏の氏神として鎌倉の鶴岡八幡宮に分霊を請じ、迎えて祀ったのが亀岡八幡宮です。伊達氏が初めて居城したと伝えられる高子岡城跡にある神社です。

〈亀岡八幡神社〉
住所:福島県伊達市保原町上保原
アクセス方法:阿武隈急行高子駅から徒歩で5分

 

まとめ 鎌倉時代からの歴史を残す阿津賀志山防塁

2021年1月、整備が進められている「阿津賀志山防塁下二重堀地区歴史公園」の愛称が決定。1000年以上の歴史がある国見町において、この公園を次の代へとつないでいき、これから先1000年以上も皆様に愛される場所になってもらいたいとの思いから、「あつかし千年公園」と決定されたそうです。あつかし千年公園を散歩しながら、また阿津賀志山展望台から阿武隈川を眺めながら、当時の合戦を想像してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

・奥州合戦を決定付けた戦いが、阿津賀志山(国見町)の戦いであり、阿津賀志山防塁は日本の三大防塁遺跡である。
・奥州合戦の結果、奥州藤原氏に代わり、関東武士が領主となり、鎌倉幕府が福島を治めることとなる。
・伊達家発祥の地は、現在の福島県国見町を含む伊達郡である。

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部