1200年の歴史と情緒ある「岳温泉」を散策 「ほんとの空」の旅

2021.01.26
未分類 #ほんとの空#チーズケーキ工房カフェ#二本松市#二本松市智恵子記念館#喜ら里#岳温泉#散策#智恵子#温泉#高村光太郎

高村光太郎とその妻・智恵子のゆかりの地でもあり、日本百名山のひとつに数えられる安達太良山(あだたらやま)。その麓に位置するノスタルジックな雰囲気のある温泉街が「岳温泉」です。土砂崩れやたび重なる火災により、移転を余儀なくされてきた「岳温泉」。福島県二本松市にあるその「岳温泉」の歴史をたどるなら、逆境を乗り越えてきた人々の「岳温泉」に対する情熱を垣間見ることができるかもしれません。

 

開湯1200年といわれる「岳温泉」 数々の災難を乗り越えてきた先人たち

火柱を上げる安達太良山を恐れ、またそこから湧き出る熱水を「神の泉」とよび、古代の人々は安達太良山を信仰の対象としてきました。

平安時代に編纂された歴史書「日本三代実録」や「日本紀略」を紐解くと、「岳温泉」についての記述を確認することができ1200年もの長い歴史を感じることができます。江戸時代になると、安達太良山の標高1500メートルのあたりに温泉街をつくり、水戸などからも人々が足を運ぶほどの人気ぶりでした。

1824年のある日、連日続く雨と台風の影響で起きた土砂崩れにより温泉街は飲み込まれてしまいます。その1年後に新温泉地として再建された「岳温泉」は、1852年に発行された「諸国温泉効能鑑」の中で、東北地方で一番と格付けされており、全国的にも知られるようになっていたようです。しかし、1868年の戊辰戦争の際に焼失されてしまいます。早くも3年後には再々建されますが、今度は1903年に起きた旅館の火事により温泉街すべて焼き尽くされてしまいました。その後、再再々建され今に至ります。
火災や土砂崩れにより、移転を繰り返さざるをえなかった「岳温泉」の歴史を辿るなら、そのたび重なる災難を乗り越えてきた、当時の人々の「岳温泉」に対する熱い思いとその逆境を乗り越えてきた力強さを感じることができるでしょう。

日本を代表する詩人で彫刻家の高村光太郎の妻・智恵子の故郷も福島県二本松市にあります。光太郎が妻・智恵子のことを詠った詩集「智恵子抄」の「あどけない話」とういう詩の中に、「智恵子は東京に空が無いといふ ほんとの空がみたいといふ」という一文があります。智恵子にとっては故郷の安達太良山の上に広がる青い空が「ほんとの空」でした。そんな智恵子の言う「ほんとの空」を感じながら、「岳温泉」を散策してみましょう。

 

「岳温泉」 高村光太郎の妻・智恵子のゆかりの地を散策してみよう

幾度となく降りかかる災難を乗り越えてきた「岳温泉」。先人たちが復興し、守り抜いてきたその「岳温泉」のある二本松市は、高村光太郎の妻・智恵子の故郷でもあります。智恵子が言った安達太良山の上空に広がる「ほんとの空」を感じに、ぜひ「岳温泉」に足を運んでみてください。ここでは、魅力いっぱいの「岳温泉」の散策スポットをいくつかをご紹介していきます。

 

【智恵子記念館】智恵子が眺めていた「ほんとの空」を見に行こう!
二本松市には、高村光太郎の妻・智恵子の生家が残っています。明治初期に建てられた趣のある生家は、造り酒屋でした。生家の裏には、「智恵子記念館」が建てられており、洋画家で紙絵作家であった智恵子の油絵や紙絵が展示してあります。

 

店名 :二本松市智恵子記念館
住所 :二本松市油井字漆原町36
営業時間 :9:00~16:30(入館16:00まで)
定休日 :水曜日(祝日の場合は翌日休み)

 

【チーズケーキ工房カフェ 風花】青空のようなソーダと雲のようなバニラアイス「ほんとの空」が味わえる⁉
常に8~10種類のチーズケーキを取り揃え、クッキーや焼き菓子、地元産の牛乳を使ったプリンなどが好評の「チーズケーキ工房カフェ 風花」。こちらでいただける『ほんとの空のクリームソーダ あおぞらソーダ』は、高村光太郎が「智恵子抄」で詠っている「ほんとの空」がモチーフとなっています。ブルーの透き通るソーダとその上に雲のように浮かぶバニラアイスを楽しみながら空を眺め、智恵子のいう「ほんとの空」を感じてみてください。

 

店名 :チーズケーキ工房カフェ 風花
住所 :二本松市大関438-7
営業時間 :9:00~18:00
定休日 :なし

 

【お宿 花かんざし】情緒あるお宿でほっこり「岳温泉」を満喫
風情を感じる佇まいの「お宿 花かんざし」は、昭和初期に建てられた木造建築。階段をあがるたびに聞こえる木のきしむ音、低めの鴨居、連子窓の続く長廊下からは、懐かしさや情緒を感じることができます。開湯1200年といわれる「岳温泉」。災難を幾度となく乗り越えてきた先人たちの築いてきた歴史と文化を感じながら、酸性泉のお湯で癒されてください。

 

店名 :静流とやすらぎの宿 喜ら里
住所 :福島県二本松市岳温泉1-104

 

まとめ 「岳温泉」の歴史、文化的な価値、魅力とは?

安達太良山の麓にある温泉「岳温泉」。開湯1200年といわれる古い歴史のある温泉です。数々の災難を乗り越え先人たちが守り抜いてきた「岳温泉」、高村光太郎が「智恵子抄」で詠った安達太良山の空「ほんとの空」、その歴史を知れば「岳温泉」の旅もまた、情緒のある旅となるでしょう。
岳温泉観光協会では、「湯めぐり手形」を購入することができます。参加している旅館の中から気になるお風呂を3軒まで楽しむことができるので、是非利用してみてください。

 

「土湯温泉」の歴史、文化的な価値、魅力

・開湯1200年 情緒ある「岳温泉」
・数々の災難を乗り越え続いてきた「岳温泉」
・高村光太郎とその妻・智恵子のゆかりの地

ふかしま。
レビューの平均:  
 0 レビュー

レビュー投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル


レビュー投稿

ふかしま。編集部
ふかしま。編集部